日本人ミョヌリ日記韓国生活スタートした 2009年5月~日本移住後の 2014年3月までの 日本人ミョヌリ日記 

このページの記事目次 (グアテマラ・ホンジュラス旅行 2012/03/16~03/24 の検索結果)

total 2 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

韓国に住んでる事も嫌な事も全部忘れる!

   ↑  2012/04/14 (土)  カテゴリー: 海外旅写真

今回の旅のハイライト、中米最大規模のマヤの巨大遺跡、ティカル遺跡。
紀元前から人が住み始め、紀元後7世紀に最も栄えていた古代都市だ。

遺跡全体120平方km、4000以上の建物跡、世界遺産に登録されている。

133 ティカル遺跡 4号神殿 (17)

133 ティカル遺跡 4号神殿 (51)
133 ティカル遺跡 4号神殿 (18)


この時期のティカル遺跡では、スコールが降ることがあり、ちょうど
お昼に遺跡でお弁当を食べようとした時、雨が降ってきてしまった。

仕方がないので、車の中でサンドウィッチを食べて待っていると、
タイミングよく雨が止み、雨に打たれず4号神殿登ることができた。

s133 ティカル遺跡 4号神殿 (32) 133 ティカル遺跡 4号神殿 (25)

741年に建てられたとされている4号神殿は高さ70m、階段を
登って行く密林の中に埋もれた1号神殿、2号神殿が見える。

133 ティカル遺跡 4号神殿 (36)

映画『スター・ウォーズ エピソードIV 新たなる希望』でも、
4号神殿の上から見たティカル遺跡の風景が使われた。

133 ティカル遺跡 4号神殿 (34) 133 ティカル遺跡 4号神殿 (48)

見渡す限りのジャングルに遺跡、ホエザルや鳥の声が響く。
遺跡の階段に座って、素晴らしい景色を目に焼き付けた。

韓国に住んでいることや嫌な事も全部忘れられる瞬間だった。

138 ティカル遺跡 失われた世界と3つの神殿 (41)

メキシコのティオワカン遺跡の影響を受けたとされている、
  ほぼ完全に修復された高さ30mの54号神殿(失われた世界)。

s139 ティカル遺跡 7つの神殿のグループ (8)

ティカルで最も大きく、美しいと言われている7つの神殿広場。
  
139 ティカル遺跡 7つの神殿のグループ (4) 139 ティカル遺跡 7つの神殿のグループ (11)

写真左は、7つの神殿の中央にあたる神殿、写真右は建造物91。

139 ティカル遺跡 7つの神殿のグループ (Estructura al lado este del Grupo VII Templos) s139 ティカル遺跡 7つの神殿のグループ 球戯場

写真左は、7つの神殿のグループの西側にある建造物、北側には球戯場跡(写真右)。

140 ティカル遺跡 5号神殿 (18)

57mの高さのティカルで2番目に高い5号神殿。以前は木造の階段で
  登れたそうだが、転落事故があったため、現在は登れなくなっている。

142 ティカル遺跡 グラン・プラザ 2号神殿 (8)

グラン・プラザ挟んで1号神殿の対座する2号神殿。
  高さは38m、階段で登ることがでるようになっている。

142 ティカル遺跡 グラン・プラザ 2号神殿 (11) 143 ティカル遺跡 グラン・プラザ 2号神殿上から (5)

階段は意外と急で、梯子の様に登っていかなければならない。
  行きは怖くないけど、帰りは真下が見える分ちょっと怖かった。

143 ティカル遺跡 グラン・プラザ 2号神殿上から (26)

2号神殿からは、グラン・プラザを見渡すことができ、正面には
  1号神殿、グランプラサの北側にはノース・アクロポリスが見える。  

s141 ティカル遺跡 グラン・プラザ 1号神殿 (15)

グラン・プラザよりも数m高くなったところに、ノース・アクロポリスの建築郡がある。
  合計100を超える建築物が重なるように建てられ、最古は紀元前200年のもの。

145 ティカル遺跡 グラン・プラザ ノース・アクロポリス (12)s145 ティカル遺跡 グラン・プラザ ノース・アクロポリス (15)

145 ティカル遺跡 グラン・プラザ ノース・アクロポリス (18)

基礎だけ残る33号神殿の中央階段の左側から巨大なマスクが発見された。
  他にもいくつか、素晴らしい彫刻がきれいに残っている部分が見られた。

145 ティカル遺跡 グラン・プラザ ノース・アクロポリス (25)

ノース・アクロポリスの一番奥、22号神殿から見たグラン・プラザ。
  写真の右側は2号神殿、写真正面左はセントラル・アクロポリス。

146 ティカル遺跡 グラン・プラザ セントラル・アクロポリス (1)

グラン・プラザの南側、東西約210mに広がる巨大住居跡、ティカルの
  支配者層の家族が移住していたとされているセントラル・アクロポリス。

146 ティカル遺跡 グラン・プラザ セントラル・アクロポリス (Edificio #53, Acrópolis Central) 146 ティカル遺跡 グラン・プラザ セントラル・アクロポリス(Edificio #46, Acrópolis Central)

写真左は建造物53、その向かい側が建造物46(写真右)。

146 ティカル遺跡 グラン・プラザ セントラル・アクロポリス (5) s146 ティカル遺跡 グラン・プラザ セントラル・アクロポリス (9)

写真左、セントラル・アクロポリスの南側に5号神殿の上部が見える。
  写真右は、セントラル・アクロポリスの建造物62と、1号神殿が奥に。

s146 ティカル遺跡 グラン・プラザ セントラル・アクロポリス (14)

セントラル・アクロポリスの西側、この辺りはまだ十分に発掘・修復されていないよう。
  楽しみにしていたティカル遺跡、本当に広くてまだまだ名残り惜しいまま終了。
  
  遺跡好きとしては、全ての建物に入ってみたいし、登ってみたいし、もっともっと
  時間があればな~と思うけど、百聞は一見に如かず、本当に素晴らしかった!

148 フローレス (15)

ティカル遺跡の見学後、湖畔の町フローレスで夕日を見ながら夕食。
これが最後のグアテマラ観光・・・、翌日の早朝に成田へと帰国した。


"読んだよっ"と、足跡代わりにクリックお願いします。  
皆様のクリックを励みに韓国生活頑張ってます!^^
↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


アフィリエイト・SEO対策

ブロガー必見!Σ(゚Д゚;) バナー広告で簡単収入!参加無料!最大50%還元!!



グアテマラ・ホンジュラス旅行 2012/03/16~03/24


FC2スレッドテーマ : 海外旅行 (ジャンル : 旅行

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-601.html

2012/04/14 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

マヤ文明を知る~痛い自己犠牲~

   ↑  2012/04/13 (金)  カテゴリー: 海外旅写真

ワシャクトゥン遺跡区域の中に、ワシャクトゥンの村がある。

127 ワシャクトン遺跡 (5)

昔、ワシャクトゥン遺跡区域に住み着かないよう追い出したそうだが、
人口がどんどん増えてってしまい、ワシャクトゥンに村ができたそう。

127 ワシャクトン遺跡 (33) 127 ワシャクトン遺跡 (30)

この地域では、家を建てたり畑を耕やしたりすると、出土品がみつかることがある。

129 ワシャクトン遺跡 博物館 (12)

通常、出土品は国の文化財なので申告の義務があるが、この村人に限っては、国へ
申告する義務はないらしく、村の私営の小さな博物館へと出土品が集められている。

129 ワシャクトン遺跡 博物館 (14) 129 ワシャクトン遺跡 博物館 (15)

今回のツアーに含まれていた訳ではないのだが、トイレを拝借しに
立ち寄ったため、博物館も特別に見せてもらうことができたのだ!

129 ワシャクトン遺跡 博物館 (16) 129 ワシャクトン遺跡 博物館 (19)

129ワシャクトン遺跡 博物館 (2) 129ワシャクトン遺跡 博物館 (4) 129ワシャクトン遺跡 博物館 (6) 129ワシャクトン遺跡 博物館 (8)

個人的にコレクションされているということだが、非常に素晴らしい
発掘品の数々、状態もよく、きちんと整理されて保存されている。

マヤらしい、ユニークでかわいいデザインの陶器も展示されていた。

129 ワシャクトン遺跡 博物館 (18) 129 ワシャクトン遺跡 博物館 (23)

専門書に掲載されるほど、非常に貴重な陶器も間近で見ることができた。
確か、王様のカカオを入れていたという陶器、彫刻もきれいに残っていた。

129 ワシャクトン遺跡 博物館 (13)

上の土器は、自らの性器を傷つけて血を流す自己犠牲の儀式が描かれ
ていて、古代マヤの風習を知ることができる貴重な出土品のひとつだ。

男性の場合は性器だが、女性の場合は舌を自ら傷つけるのだそうだ。

129 ワシャクトン遺跡 博物館 (20) 129 ワシャクトン遺跡 博物館 (28)

左上はリャマだったかな・・・?なんかカンガルーみたいに見える・・・。
右上は、マヤ世界で神として崇拝されていた生き物ジャガー。

129 ワシャクトン遺跡 博物館 (36) 129 ワシャクトン遺跡 博物館 (34)

こちらのプレートは踊っている男性を表しているのだそう。
左は非常に保存状態がよく、年代を感じさせないくらいだ。

IMG_7261.jpg

踊ってる男性の絵のプレートは、いくつもあるようで、ワシャクトゥン遺跡の
パンフレットに載っている。下のプレートも、パンフレットに載っていたもの。

129 ワシャクトン遺跡 博物館 (27) 129 ワシャクトン遺跡 博物館 (26)

プレートに丸みを帯びた足が付いていて、足の中に何か入っている。
鈴のように、プレートを振ると音が鳴るという仕組みで、大変珍しい。

129 ワシャクトン遺跡 博物館 (25)

129ワシャクトン遺跡 博物館 (5) 129ワシャクトン遺跡 博物館 (1) 129ワシャクトン遺跡 博物館 (7) 129ワシャクトン遺跡 博物館 (3)

こちらを案内してくれたアントニオさん、とても親切に説明してくれた。

たまたま博物館に連れて来てもらえたが、これだけたくさんの貴重な
陶器を見る事ができて本当にラッキーだった。一見の価値ありです!

参考サイト;El Chiclero Pottery Museum




"読んだよっ"と、足跡代わりにクリックお願いします。  
皆様のクリックを励みに韓国生活頑張ってます!^^
↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


アフィリエイト・SEO対策

ブロガー必見!Σ(゚Д゚;) バナー広告で簡単収入!参加無料!最大50%還元!!



グアテマラ・ホンジュラス旅行 2012/03/16~03/24



FC2スレッドテーマ : 海外旅行 (ジャンル : 旅行

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-599.html

2012/04/13 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

アントニオの家お宅訪問【寝室公開】

   ↑  2012/04/12 (木)  カテゴリー: 海外旅写真

ワシャクトン遺跡は、ティカルの北24kmに位置し、紀元前342年の
碑銘をを持つ遺跡が発見され、マヤ初期の遺跡として知られている。

また、天文観測の目的を持つピラミッドがあることでも有名である。
まずは、その下層ピラミッドE-7のあるグループEから見学スタート。

128 ワシャクトン遺跡 GroupE (134)

ピラミッドの周りに足場が組まれていたので、てっきり修復中
なのかと思ったら、春分の日でお祭りがあったためだそう。

せっかくの歴史的価値の深い重要な遺跡なのに、あまり大事にしてない
ようで、無神経に組まれた足場によって遺跡の一部が崩れていた・・・。

128 ワシャクトン遺跡 GroupE (6)128 ワシャクトン遺跡 GroupE (7)

128 ワシャクトン遺跡 GroupE (132)

ピラミッドの東側には3つの神殿が並んでいて、ピラミッドからその
神殿を見て、太陽の昇る位置を測ることができるようになっている。

春分の日と、秋分の日は、真ん中の神殿から、夏至の日は
左の神殿、冬至の日は右の神殿から太陽が昇るのだそう。

128 ワシャクトン遺跡 GroupE (20)

ピラミッドの前には石碑が建っていて、部分的に彫刻がきれいに残っている。

この日、案内してくれた現地ガイドのアントニオさんは、とっても
ノリのいい方で、彫刻の絵はこうだよと、ポーズまでしてくれた。

128 ワシャクトン遺跡 GroupE (44) 128 ワシャクトン遺跡 GroupE (46)

春分の日のお祭りは、この日の朝方まで行われていたようで、
ピラミッドの前の祭壇では儀式の名残りで、煙が出ていた。

128 ワシャクトン遺跡 GroupE (2)

ピラミッド前の3つの神殿前にも、石碑と祭壇がある。
発掘途中で、半分が下に埋まっている石碑もあった。

128 ワシャクトン遺跡 GroupE (64)128 ワシャクトン遺跡 GroupE (58)

128 ワシャクトン遺跡 GroupE (93)

ピラミッドのある広場から北側に行くと、神殿10がある。
屋根が残っている部屋、屋根が崩壊した部屋があった。

128 ワシャクトン遺跡 GroupE (101)

128 ワシャクトン遺跡 GroupE (104)
128 ワシャクトン遺跡 GroupE (122)

広場の北側の神殿10の裏側、その右側には遺跡が埋もれている小山。

遺跡のいろんな場所で、この未発掘の小山がたくさんあったのだが、
その下にどんな遺跡が眠ってるのだろ?と、好奇心がそそられる。

128 ワシャクトン遺跡 GroupE (128)128 ワシャクトン遺跡 GroupE (109)

128 ワシャクトン遺跡 GroupE (130)

車に乗って移動して、グループEから少し離れたグループBを見学。
ここは女王の住居跡で、ベッドもそのまま残っていた(写真右下)。

ガイドのアントニオさんが、ここは僕の家だよ。と言うのでビックリ。

130 ワシャクトン遺跡 GroupB (6)

130 ワシャクトン遺跡 GroupB (12)
130 ワシャクトン遺跡 GroupB (18)

この家は、アントニオさんが子供の頃に住んでた家に似ていて、思い入れ
がある様子・・・、ベッドを見ながら涙ぐんでいたし、僕をカメラで撮ってくれと
言ったり、同じように家を建てるんだと、何度も間取りを確認していた(笑)。

130 ワシャクトン遺跡 GroupB (27) 130 ワシャクトン遺跡 GroupB (28)

アントニオの家の北側にあった石碑5(写真上)。
そのさらに北側には球戯場跡が残る。(写真下)。

130 ワシャクトン遺跡 GroupB (30)

今回どのツアーにするか悩んで時、決め手になったのがワシャクトゥン遺跡。
他のツアーだと、ワシャクトゥン遺跡ではなく、ヤシャ遺跡に行くことが多い。

やっぱり来てよかった~。時間がなくてグループAが見れなかったのが心残り・・・。
まだ観光地化されてないので時間が止まってる感じ、遺跡好きにいい場所だ。

130 ワシャクトン遺跡 GroupB (24)

参考サイト;Corpus of Maya Hieroglyphic Inscriptions




"読んだよっ"と、足跡代わりにクリックお願いします。  
皆様のクリックを励みに韓国生活頑張ってます!^^
↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


アフィリエイト・SEO対策

ブロガー必見!Σ(゚Д゚;) バナー広告で簡単収入!参加無料!最大50%還元!!



グアテマラ・ホンジュラス旅行 2012/03/16~03/24



FC2スレッドテーマ : 海外旅行 (ジャンル : 旅行

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-600.html

2012/04/12 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【マヤの予言】2012年に人類は滅亡する?!

   ↑  2012/04/11 (水)  カテゴリー: 海外旅写真

ホンジュラスのコパン遺跡の北50kmに位置する、キリグア遺跡。
モタグア川流域に栄えた古代都市で、世界遺産に登録されている。

112 キリグア遺跡 (3)

この遺跡のみどころは、芸術度の度の高い石碑と獣形祭壇。

95 キリグア遺跡 石碑E マヤ世界全体で現在のところ最も高い石碑 (1) 95キリグア遺跡 石碑E マヤ世界全体で現在のところ最も高い石碑

771年に建立された石碑E。高さは11.7m、現在 マヤ世界で最も高い石碑。

94 キリグア遺跡 獣形神B (7)

780年に奉納された獣形神B、長さ3.7m×高さ1.8mの巨大な石彫り。
  カック・ティリウと呼ばれていた王の顔、当時の赤色が若干残っている。

96 キリグア遺跡 獣形祭壇 蛙 (2) 98 キリグア遺跡 獣形神G

長さ4.4m×高さ1.2mの巨大な獣形神G、785年に奉納された。
  ジャガーと蛙のミックスで、これもカック・ティリュウ王の顔が彫られている。

100 キリグア遺跡 石碑H (3) 100 キリグア遺跡 石碑H (1)

石碑Hは高さが5.2m、751年に奉納された。キリグアの広場にある一番古い石碑。

102 キリグア遺跡 (5)

左写真 奥が獣形神P、手前が祭壇P、790年に奉納された。

104 キリグア遺跡 獣形神Pと祭壇P (2)103 キリグア遺跡 獣形神Oと祭壇O (1)

103 キリグア遺跡 獣形神Oと祭壇O (2)

  写真右上が獣形神Oと、写真右下が祭壇O、795年に奉納。

105 キリグア遺跡 アクロポリス (1)

広場の奥、祭壇と獣形神OとPの後ろにアクロポリスの入り口になる階段。

108 キリグア遺跡 アクアポリス南側 1B-1 108 キリグア遺跡 アクアポリス南側 1B-2 (1)

アクロポリスの南側の建造物1B-1(写真左)その斜向かいにあった1B-2(写真右)。

106キリグア遺跡 アクロポリスの上から (4)

756年の石碑J、高さ4.9m。写真左が石碑Jの西側正面。写真右が北面。

110 キリグア遺跡 石碑J (2) 110 キリグア遺跡 石碑J (1)

805年の石碑K、確認されている最後の作品で小型。キリグアの衰退を
  あらわしている。キリグアの歴史はこの直後に終わったとされている。

109 キリグア遺跡 石碑K

766年、高さ約6mの石碑D。グアテマラの10センタボス硬貨に描かれている。

114 キリグア遺跡 10セント硬貨に描かれている石碑D (2) 114 キリグア遺跡 グアテマラの10セント硬貨

775年に奉納された石碑C。2012年世界終末説に関係するものとして注目されている。

113 キリグア遺跡 2012年終末説に関係する石碑C 113 キリグア遺跡 2012年終末説に関係する石碑C (3)

この石碑にはマヤ創生となる13バクトゥンが始まる日が記されていて、2012年に
世界が終わるというわけではなく、次の時代が始まるということだなんだそう。

天災が続く今日この頃、本当に地球滅亡か・・・?!なんて心配したりもしていたが、
な~んだ!という感じ。 と、同時にほっとした。すっかりメディアに踊らされた。

関連記事;
2012年人類滅亡説 マヤ文明が示す「世界的な大停電」(NEWSポストセブン)

118 リオ・ドゥルセ カリブ海へと続く川 (3)

カリブ海まで繋がっているドゥルセ川と河口の町リオ・ドゥルセ。



"読んだよっ"と、足跡代わりにクリックお願いします。  
皆様のクリックを励みに韓国生活頑張ってます!^^
↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


アフィリエイト・SEO対策

ブロガー必見!Σ(゚Д゚;) バナー広告で簡単収入!参加無料!最大50%還元!!



グアテマラ・ホンジュラス旅行 2012/03/16~03/24



FC2スレッドテーマ : 海外旅行 (ジャンル : 旅行

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-598.html

2012/04/11 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

踊れない、恥ずかしい、ノリが悪い・・・?

   ↑  2012/04/10 (火)  カテゴリー: 海外旅写真

ホンジュラス西部、グアテマラ国境近くに位置するコパン遺跡。
マヤ文明の代表的な都市のひとつで、世界遺産に登録されている。

紀元前から狩猟民族が暮らしていて、紀元後の7世紀に最盛期。
神殿の土台や、精巧な細工の石碑や祭壇が見所となっている。

67 ホンジュラス コパン遺跡 博物館 (64)

まずは博物館からスタート。 博物館に入って一番最初に目に入っ
てくるのが、16号神殿の下にある地下神殿『ロサリラ』の復元建築。

67 ホンジュラス コパン遺跡 博物館 (40) 67 ホンジュラス コパン遺跡 博物館 (42)

レプリカだけでなく、実物の彫刻がたくさん展示されていた。

69 ホンジュラス コパン遺跡 アクロポリス西広場側 (4)

続いて、アクロポリスの西広場に面して建つ11号神殿。

69 ホンジュラス コパン遺跡 アクロポリス西広場側 (7) 69 ホンジュラス コパン遺跡 アクロポリス西広場側 (2)

11号神殿にはマラカスを持った神のレリーフ、その神殿前にはワニの頭。

70 ホンジュラス コパン遺跡 西広場に面した神殿16

斜向かいには、16号神殿がある。神殿の下に神殿という風に、
何層にもなっていて、地下神殿『ロサリラ』が発見された。

70 ホンジュラス コパン遺跡 西広場に面した神殿16前の石碑P70 ホンジュラス コパン遺跡 西広場に面した神殿16 (1)

70 ホンジュラス コパン遺跡 西広場に面した神殿16 (4)

16号神殿前には石碑P、578年に即位した11代王のものだそう。

71 ホンジュラス コパン遺跡 墓地のグループと名づけられている住居跡

西広場から東広場へと歩いていくと、16号神殿南側の建造物群
墓地のグループと呼ばれている住居跡を見下ろすことができる。

73 ホンジュラス コパン遺跡 東広場 (5) 73 ホンジュラス コパン遺跡 東広場 (2)

東広場の東側にはコパン川が流れていたそうだが、今は見渡す
限り密林という感じ、かなり高い場所に位置してるのがわかる。

73 ホンジュラス コパン遺跡 東広場 (1)

アクロポリスの東広場、ジャガーが描かれているレリーフ
がある神殿があり、ジャガーの広場とも呼ばれているそう。

74 ホンジュラス コパン遺跡 神聖文字の階段 77 ホンジュラス コパン遺跡 神聖文字の階段 (1)

コパン遺跡で最大の見所である神聖文字の階段、保護のためシートで覆われている。
正面には15代王と思われる肖像の石碑。石碑によると755年に階段が完成されたよう。

77 ホンジュラス コパン遺跡 神聖文字の階段 (9)

階段は全63段、階段にはマヤ文字が刻まれていて、コパンの歴史を物語っている。
階段の下部からは多くの出土品が発掘され、ヒスイなど王の装飾品が発見された。

78 ホンジュラス コパン遺跡 球戯場 (11) 2012040817234877.jpg

マヤ神殿都市に必ずある球戯場、ボクアトク(奉納競技)が行われた。
コンゴウインコの壁面装飾の部分にボールを当てると得点が入るそう。

79 ホンジュラス コパン遺跡 4号神殿 (2)

周囲にたくさんの祭壇や石碑が並ぶグラン・プラザという広場。
広場の中央には、四面に階段のついた小さなピラミッド4号神殿。

82 ホンジュラス コパン遺跡 石碑B 82 ホンジュラス コパン遺跡 石碑Cと生贄台

左側は石碑B。18ウサギ王の頭上に大地の怪物が彫られている石碑。
右側は石碑Cと生贄台。石碑Cだけは両面に18ウサギ王が彫られている。

81 ホンジュラス コパン遺跡 石碑4と生贄台

繁殖プロジェクト中のコンゴウインコも、広場でたくさん見れた。
アグーチという見たことのないネズミのような動物にも遭遇した。

68 ホンジュラス コパン遺跡 コンゴウインコ (3) 84 ホンジュラス コパン遺跡 動物アグーチ (1)

コパン遺跡を案内してくれた現地のガイドさんが、私達が写真を撮って
立ち止まる度に、いちいち時計を見てなんだかそわそわしている様子。

夕方になってしまい、閉館前だからなのかと思っていたが、今夜は
春分の日ということで、コパン・ルイナスの町のお祭りなんだそう。

89 ホンジュラス コパン・ルイナスのお祭り (2)

ちょうど、私達が泊まったホテルの目の前が、お祭り会場となる公園。
お祭りに遭遇できるなんてラッキー! 早速、会場へと行ってみた。

ところが、行ってみてビックリ!この町の人達はものすっごくシャイ!
演奏しているバンドを見ている人達も、ただ呆然と立っているだけ。

89 ホンジュラス コパン・ルイナスのお祭り (18) 89 ホンジュラス コパン・ルイナスのお祭り (25)

めちゃくちゃノリが悪い・・・、楽しんでるのだろうか?と疑うほど・・・。
ミラーボールが回るダンス会場も、会場の周りに突っ立っているだけ。

ようやく一組、腰をくねらせネットリと踊り始めたのだが、後に続いて
踊る人は出てこず、サクラだったのか・・・むなしく回るミラーボール。

86 ホンジュラス コパン・ルイナス Hotel Plaza Copan

ホテルのバルコニーから、打ち上げ花火も見れて超ラッキーだった。

しかし、お祭り会場の目の前ということで、夜中3時近くまで、音楽が
鳴り響き、まるで部屋の中でテレビをつけているような感じだった(笑)。




"読んだよっ"と、足跡代わりにクリックお願いします。  
皆様のクリックを励みに韓国生活頑張ってます!^^
↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


アフィリエイト・SEO対策

ブロガー必見!Σ(゚Д゚;) バナー広告で簡単収入!参加無料!最大50%還元!!



グアテマラ・ホンジュラス旅行 2012/03/16~03/24



FC2スレッドテーマ : 海外旅行 (ジャンル : 旅行

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-597.html

2012/04/10 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

酒にタバコ~信じるものは救われる~

   ↑  2012/04/09 (月)  カテゴリー: 海外旅写真

アティトラン湖畔の村めぐり、3つめはサンティアゴ・アティトラン村へ。

52 パナハッチェル サン・アントニオ・パロポ~サンティアゴ・アティトラン (1)

この日の天気は、靄がかかっている感じで、視界がぼや~としている。
きっと朝と日中との温度差が激しくて、湖の水が蒸発しているのだろう。

まるで水彩画のような景色、淡いぼやけた空の色もこれはこれで美しい。

52 パナハッチェル サン・アントニオ・パロポ~サンティアゴ・アティトラン (20)

韓国に住み始めてばかりの時、春先なんかはいつも温度差が激しくて、
晴れてんだか曇ってるんだかわからなくて、なんで韓国はいつも天気
が悪いんだ?!と、旦那にぶーぶー文句言っていたのを思い出した(笑)。

53 パナハッチェル サンティアゴ・アティトラン

さて、サンティアゴ・アティトラン村は、観光客が多く訪れる場所で、
アティトラン湖の周辺の村の中で最も大きい先住民の村なんだそう。

なので、船を下りると道の両側にお土産屋さんがずら~と並んでいた。

53 パナハッチェル サンティアゴ・アティトラン (3)

マシモンの教会までトゥクトゥク(三輪タクシー)に乗って移動する途中、
子供達が走り寄って来て、元気よく『オラ!』と声を掛けてきてくれた。

グアテマラ人は比較的シャイで、声を掛けてくる人はあまりいなかった。

57 パナハッチェル サンティアゴ・アティトラン (14) 53 パナハッチェル サンティアゴ・アティトラン (8)

旅行会社からのパンフレットには、子供の写真を撮ると誘拐と
間違えることがあるので注意しろとまで書いてあったくらいだ。

(これはさすがに大げさすぎると思うんですけど・・・苦笑。)

57 パナハッチェル サンティアゴ・アティトラン (12)

そして、この村で珍しいのが、マシモンという土着宗教の教会。
民家の間を抜けていくと、怪しげな小さな集会場が出てきた。

入口ではマリンバの不協和音が響いて、ちょっと異様な雰囲気。

54 パナハッチェル サンティアゴ・アティトラン マシモンの教会 (9) 54 パナハッチェル サンティアゴ・アティトラン マシモンの教会

マシモンの神様には、お酒をふくませたり、タバコを吸わせたりして願を
掛け、信者はお酒を飲みながらお祈りの儀式をする変わった宗教。

マシモンの神様を信仰する人達は、この村だけでなくグアテマラ国内
広域で信仰されているそうだが、最も有名で盛大なのがこの村だそう。

54 パナハッチェル サンティアゴ・アティトラン マシモンの教会 (1)

マシモン儀礼に多くの観光客が訪れるようになり、大切な観光資源の
ひとつとなっていて、写真を1枚撮るのに10ケツァル(約100円)を払う。

でも、おじさんは酔っ払ってて、何枚撮ったのかわかってなかった様子(笑)。
おじさんに、何の儀式ですか?と聞いても、うん。儀式だ。と答えた(爆笑)。

54 パナハッチェル サンティアゴ・アティトラン マシモンの教会 (6) 54 パナハッチェル サンティアゴ・アティトラン マシモンの教会 (2)

天井からぶら下がっている飾りは何か聞いてみると、なんとmelokotonだ。
と答えたのでビックリ!melokotonは、タガログ語で桃という意味だと思って
いたのだが、スペイン語では、melocotonと、同じ発音で桃という意味らしい。

56 パナハッチェル サンティアゴ・アティトラン 教会 (5)

お酒を飲んでタバコを吸って儀式を行う一風変わった宗教の他に
この村には、きちんとした普通のフランシスコ派の教会もある。

56 パナハッチェル サンティアゴ・アティトラン 教会 (6) 56 パナハッチェル サンティアゴ・アティトラン 教会 (10)

建てられたのは1547年、キリスト教への改宗をはかるため
スペインによって作られたという、古い歴史を持つ教会だ。

56 パナハッチェル サンティアゴ・アティトラン 教会 (15)

この教会でも、セマナ・サンタ(聖週間)のため紫色の布で飾られ、
宗教行列に使われるキリスト像がのったお神輿が置いてあった。

55 パナハッチェル サンティアゴ・アティトラン (7)

この村の男性の伝統衣装は、白とエンジのストライプの半ズボンに、
鳥や動物の柄の刺繍がされている。刺繍が多いほど値段が高いそう。

隙間がないほど刺繍で埋め尽くされている衣装は自慢で、きっと
ブランドの高い服を見せびらかしているのと同じ感覚なのだろう。

57 パナハッチェル サンティアゴ・アティトラン (8)

アティトラン湖を後にして、パナハッチェルから再びアンティグアへ。

62 アンティアグア 夕食 ポサダ・デ・ドン・ロドリンゴ (1)

夕食は民族舞踊を鑑賞できるレストラン、ポサダ・デ・ドン・ロドリゴで。

62 アンティアグア 夕食 ポサダ・デ・ドン・ロドリンゴ (9) 62 アンティアグア 夕食 ポサダ・デ・ドン・ロドリンゴ (14)

中米といえばマラカスを振って"アミーゴ!"と激しく踊るという
勝手なイメージを持っていたのが、それとは異なりとても素朴。

伝統楽器のマリンバのほのぼのした演奏に合わせて、お面を被って、
簡単な足のステップとスキップしながらマラカスを振って踊るのだ。

62 アンティアグア 夕食 ポサダ・デ・ドン・ロドリンゴ (20)

最後に中央に呼ばれて一緒に踊らされたのだが、リズム感ゼロの私、
壊れたロボットのようなマヌケな動きで恥ずかしい思いをした・・・(笑)。




"読んだよっ"と、足跡代わりにクリックお願いします。  
皆様のクリックを励みに韓国生活頑張ってます!^^
↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


アフィリエイト・SEO対策

ブロガー必見!Σ(゚Д゚;) バナー広告で簡単収入!参加無料!最大50%還元!!



グアテマラ・ホンジュラス旅行 2012/03/16~03/24



FC2スレッドテーマ : 海外旅行 (ジャンル : 旅行

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-596.html

2012/04/09 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

韓国企業の暴力、超過搾取→韓流ブーム

   ↑  2012/04/08 (日)  カテゴリー: 海外旅写真

アティトラン湖周辺の村めぐり、2つ目の村はサン・アントニオ・パロポ村。

クリックで写真拡大

この村も山の斜面に住居が集中している。

クリックで写真拡大

村の中心部には小さな白い教会が。 教会の横には、小さな市場もあった。

クリックで写真拡大 クリックで写真拡大

2010年5月29日にグアテマラ沿岸部に接近した熱帯暴風雨『アガサ』。
これによって、グアテマラを含む中米ではたくさんの被害を受けた。

クリックで写真拡大

特にサン・アントニオ・パロポ村では、大規模な地滑が発生、
たくさんの家屋が倒壊し、被害の大きかった場所だそうだ。

いまだに斜面が崩れたまま、被害の大きさを物語っている・・・。

クリックで写真拡大

ここサン・アントニオ・パロポ村では、陶器のお店が数件みられる。
アメリカ人のケン・エドワーズさんが村の人達へ陶器作りを伝授したそう。

村の人々に陶器作りを教えたら、どんどんグアテマラ風の独自の
作品を作り出したのだそう、どの作品も本当にかわいらしい。

クリックで写真拡大

クリックで写真拡大 クリックで写真拡大

ケン・エドワーズさんは、もともとメキシコで陶器作りをしていた陶芸家。

幸運なことに、私達の日本人ガイドさんのお友達のお知り合い
ということで、私達もエドワーズさんにお目にかかれたのだ!

クリックで写真拡大

クリックで写真拡大 クリックで写真拡大

なんと87歳!耳は遠くなったとおっしゃってたけど、お元気!
背がかなり高くて、とっても優しい素敵なおじいさんだった♪

村の人達に陶芸の楽しさを教え、かつ収入源を与え、自分も工房の裏で、
村人と同様に質素な暮らしている大変素晴らしい方!本当に尊敬する!

クリックで写真拡大

クリックで写真拡大 クリックで写真拡大

それとは反対に、あるアパレル産業の韓国企業は金儲けに必死。
以前、グアテマラで韓国企業の搾取と不当労働行為が問題になった。

2000年代初頭まで韓国はグアテマラで第1位の投資国家で、
その裏で先住民の酷使と日常化した体罰・暴力があったそう。

関連記事:韓国資本の"通念"人種主義 (ハンギョンレニュース)

クリックで写真拡大

それによって、グアテマラで韓国というと悪いイメージがあったそうだが、
現在ではかなり改善され、韓国ドラマもテレビで放映されているらしい。

韓流ブーム、地球の裏側まで・・・さすが国策、芸能輸出国家に脱帽だ・・・。

クリックで写真拡大

グアテマラに来てから、英語を話す人を見かけなかったが、ここの村人
は英語が通じる?!私にガンガン英語で話しかけてきたマヌエラさん。

51 パナハッチェル サン・アントニオ・パロポ クリックで写真拡大

船で到着した時から声を掛けてきて、船着場で私達の帰りを待っていた。
その情熱(しつこさ(笑))に負けて、髪の毛を飾り付ける紐を購入した。

先住民と同じように髪の毛に巻きつけてくれた。ありがとう!マヌエラさん♪




"読んだよっ"と、足跡代わりにクリックお願いします。  
皆様のクリックを励みに韓国生活頑張ってます!^^
↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


アフィリエイト・SEO対策

ブロガー必見!Σ(゚Д゚;) バナー広告で簡単収入!参加無料!最大50%還元!!



グアテマラ・ホンジュラス旅行 2012/03/16~03/24



FC2スレッドテーマ : 海外旅行 (ジャンル : 旅行

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-595.html

2012/04/08 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

留年は子供のため・・・?小学生でも落第

   ↑  2012/04/07 (土)  カテゴリー: 海外旅写真

今日はボートに乗って、アティトラン湖の周辺にある先住民の村へ訪問。

クリックで写真拡大

水鳥がたくさん泳いでいるかと思ったら、泳いでいる人も発見!
先住民ではなく、ここに住んでいる欧米人のおじさんだそうだ。

クリックで写真拡大 クリックで写真拡大

湖の水は透き通っていて、光に反射してキラキラ、とってもキレイ。

クリックで写真拡大

現地の若い男性が、船長 兼 ガイドをしてくれるのだそう。

43 パナハッチェル ボートでサンタ・カタリーナ・パロポへ (3)

船酔いの心配をしていたが、湖面は波ひとつなく、とっても穏やか。
暑くも寒くもなく、さわやかな風で、爽快で非常に気持ちよかった。

クリックで写真拡大

意外とあっと言う間にサンタ・カタリーナ・パロポ村へ到着。

クリックで写真拡大

路上では、道に沿って色とりどりの織物がたくさん売られていた。

47 パナハッチェル サンタ・カタリーナ・パロポ (87)

そして、地面に正座して織物を織る女性の姿がずら~と並んでいる。

47 パナハッチェル サンタ・カタリーナ・パロポ (85) 44 パナハッチェル サンタ・カタリーナ・パロポ (16)

この村では、青を貴重とした孔雀のような色彩の伝統衣装が着られている。

44 パナハッチェル サンタ・カタリーナ・パロポ (11) 47 パナハッチェル サンタ・カタリーナ・パロポ (11)

しかしお年寄りが赤い色の服を・・・、どうやら赤色は流行遅れなんだそう(笑)。

47 パナハッチェル サンタ・カタリーナ・パロポ (74)

しばらく道なりに沿って坂道を歩いていくと、小学校が見えてきた。
船乗り兼ガイドさんが、『入ってみる?』と言って学校の中へ。

45 パナハッチェル サンタ・カタリーナ・パロポ 小学校 (2)

グアテマラでは、小学校でも落第があり、進学するのも大変らしい。
そのため学校に通えず、十分な教育を受けられない子供が多いそう・・・。

45 パナハッチェル サンタ・カタリーナ・パロポ 小学校 (7) 45 パナハッチェル サンタ・カタリーナ・パロポ 小学校 (8)

大阪の橋本市長が小中学生に留年制度検討を要請したというニュース。
日本もグアテマラのように留年制度を取り入れる日が来るのだろうか・・・。

47 パナハッチェル サンタ・カタリーナ・パロポ (91)

湖畔の小さな運動場では体育の授業中、シビアな教育環境に
置かれている子供達だが、天真爛漫な笑顔を見てほっとした。

46 パナハッチェル サンタ・カタリーナ・パロポ 教会

その後、村の小さな教会へ。

46 パナハッチェル サンタ・カタリーナ・パロポ 教会 (3) 46 パナハッチェル サンタ・カタリーナ・パロポ 教会 (5)

ここもセマナ・サンタ仕様で紫色の布が飾られていて、入口には
セマナ・サンタの宗教行列に使われるお神輿が置かれていた。

47 パナハッチェル サンタ・カタリーナ・パロポ (9)

この村の出身の船乗り兼ガイドさん、景色のいい場所へと連れてってくれる言う。

47 パナハッチェル サンタ・カタリーナ・パロポ (36) 47 パナハッチェル サンタ・カタリーナ・パロポ (39)

地元ならではだろうか、民家の間の細い道をすり抜けていく。

47 パナハッチェル サンタ・カタリーナ・パロポ (47)

上へ上へと登って行くと、湖が目の前に広がった。

47 パナハッチェル サンタ・カタリーナ・パロポ (63)

水い色の空と淡い青の湖、富士山に似てるアグア火山と、まるで絵画のよう。

47 パナハッチェル サンタ・カタリーナ・パロポ ~サン・アントニオ・パロポ (3)

町の雰囲気とは打って変わって、村の素朴な生活を垣間見れて、
グアテマラの線順民の暮らし風景を満喫することができた。




"読んだよっ"と、足跡代わりにクリックお願いします。  
皆様のクリックを励みに韓国生活頑張ってます!^^
↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


アフィリエイト・SEO対策

ブロガー必見!Σ(゚Д゚;) バナー広告で簡単収入!参加無料!最大50%還元!!



グアテマラ・ホンジュラス旅行 2012/03/16~03/24



FC2スレッドテーマ : 海外旅行 (ジャンル : 旅行

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-590.html

2012/04/07 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

おびえる在グアテマラ韓国人。治安が悪いのか?

   ↑  2012/04/06 (金)  カテゴリー: 海外旅写真

観光客の乗り合いバスに乗って、チチカステナンゴから湖畔の町パナハッチェルへ。

この日は、日本人とグアテマラ人夫婦の家族が経営しているホテルへ泊まることに。
なんと、ここのホテルの中庭には、天然温泉の共同のお風呂が備えられているのだ。

パナハッチェルは火山に囲まれている町で、温泉が湧き出ていて、公衆浴場もある
らしく、温泉の沸く村の近くのグアテマラ人は、お風呂に入ることもあるのだそう。

クリックで拡大写真 クリックで拡大写真

グアテマラに来てから犬を多く見かける。犬好きにはたまらない光景だが、
犬は人間に慣れていないようで、カメラを向けるとビビッって逃げてく(笑)。

クリックで拡大写真

クリックで拡大写真 クリックで拡大写真

パナハッチェルの観光名所、サンタンデール通りまでトゥクトゥクで移動。
トゥクトゥクは、インドやタイ、南アジアにかけて利用されている三輪タクシー。

クリックで拡大写真

村を案内してくれたグアテマラ人のガイドの男の子が、『日本でもトゥクトゥクに
乗っているんでしょ?』と、かわいらしい(笑)。アジア=日本という先入観だろう。

私達が、グアテマラ=中米という感じで、文化や顔の違いがわからないのと同じだ。

クリックで拡大写真

サンタンデール通りは、湖畔までの道にレストランやお土産屋さんが連なっている。

ガイドブックにも、サンタンデール通りのお土産にビーズがいいと書いてあったが、
手の込んだ芸術的なビーズがたくさん、ネックレスと眼鏡チェーンを購入した。

クリックで拡大写真 クリックで拡大写真

クリックで拡大写真

他に目を引いたのが、怪しげな木彫りの商品・・・。
どうやら麻薬などを吸うためのパイプらしい・・・。

最近、グアテマラの大統領が麻薬を合法化しようと提案したことで
話題になっている程、さすが中米、麻薬は普通に出回っているようだ。

クリックで拡大写真 クリックで拡大写真

クリックで拡大写真 クリックで拡大写真

旅行を決める前、グアテマラという国に対する知識も先入観も何もなかった。
中米と言えば、漠然と麻薬の密売とかそういうイメージはなくもないが・・・。

韓国人の私の旦那にグアテマラに行くと言ったら、危なくない?!
大丈夫なの?
と、グアテマラの治安をとても心配していた。

クリックで拡大写真

クリックで拡大写真 クリックで拡大写真

クリックで拡大写真

それもそのはずだろう、『グアテマラ』と『韓国』をキーワードで検索すると
疑心暗鬼!おびえる韓国人。グアテマラの治安が悪いのか? ”という記事。

グアテマラ在住の韓国人の人数が日本人に比べて多いということもあるが、
韓国人がグアテマラで殺害されたり拉致された事件が多発していたようだ。

クリックで拡大写真 クリックで拡大写真

クリックで拡大写真

さて、夕飯はおしゃれなカフェでロマンチックに夕日を見ながら。
さすが女性のガイドさん、乙女心をよくわかっていらっしゃる!

クリックで拡大写真 クリックで拡大写真

クリックで拡大写真 クリックで拡大写真

タコスを注文してもらったが、通常トルティーヤはトウモロコシで
作られているが、小麦粉のトルティーヤも一緒に頼んでもらった。

やっぱり日本人の口には、小麦粉の方が食べ慣れていておいしかった。

クリックで拡大写真 クリックで拡大写真
クリックで拡大写真 クリックで拡大写真

そして、今度はデザートを食べに2件目のカフェへとハシゴ。
グアテマラコーヒーがおいしいせいかケーキもすすむすすむ!

食事がどれもおいしくて、胃袋がすっかり大きくなってしまった・・・。

クリックで拡大写真



"読んだよっ"と、足跡代わりにクリックお願いします。  
皆様のクリックを励みに韓国生活頑張ってます!^^
↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


アフィリエイト・SEO対策

ブロガー必見!Σ(゚Д゚;) バナー広告で簡単収入!参加無料!最大50%還元!!



グアテマラ・ホンジュラス旅行 2012/03/16~03/24



FC2スレッドテーマ : 海外旅行 (ジャンル : 旅行

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-589.html

2012/04/06 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

侵略されても恨んでません?!【チチカステナンゴ】

   ↑  2012/04/05 (木)  カテゴリー: 海外旅写真

突然、ものすっごい爆発音!! バンッ!!!
小心物でビビリの私は、爆弾テロでも起きたのかと思った(笑)。

クリックで写真拡大

実は、ちょうどこの日はセマナ・サンタ(聖週間)で、お祭りが
行われていて、祝砲がバンッバンッ打ち上げられていた。

セマナ・サンタというのは、復活祭の40日前から行われる聖週間
のことで、週末になると各地でお祭りや儀式が行われるのだそう。

クリックで写真拡大

音の発信源は、チチカステナンゴの観光名所 サント・トマス教会。

教会の入口からは、次々と色鮮やかな美しいキリスト像やマリア像
をのせた神輿を担いだ人達と、祈祷師達が歩いて階段を下りてきた。

クリックで写真拡大

祝砲が打ち上げられていたかと思ったら、民族音楽も聞こえてきて、
笛の音色や太鼓の音、シャリンシャリンと鈴のような音が聞こえた。
さらに、お祈りの言葉なんだろうか、お説教だかお経みたいな声も。

クリックで写真拡大

1年に一度のお祭りを目の当たりにできるなんて、ラッキーだ!

クリックで写真拡大

母も、こんなレアなお神輿の行列を逃してはいけないと、急いでビデオ
カメラを回したが、あまりにも慌てて録画ボタンを押したため、レンズが
上下半開き、隠しカメラで撮影したみたいな映像になってしまった(笑)。

クリックで写真拡大

ここサント・トマス教会は、先住民キチェ族の神聖な霊場に、
スペイン征服者がその霊場を破壊して教会を建てたのだそう。

表向きキリスト教に改宗し、スペイン人に従っていたというキチェ族だが、
今も先住民の独自の神を信じていて、黒い衣装を着た祈祷師達がいる。

クリックで写真拡大

ちなみに、グアテマラはスペインに侵略されていたという歴史があるが、
グアテマラ人はスペインが大好きだそう。(先住民はどうか知らないが)

反日教育の韓国と違って、グアテマラは反スペイン教育をしないようだ。

クリックで写真拡大

ちょうど教会の内部では、祈祷師達がお祈りの儀式をしていた。
祈祷師達は、現在でもキチェ語で祈りをささげているのだそう。

クリックで写真拡大

教会前の階段では、煙がもくもく、火がぼぉーぼぉー燃えている。
危ないなぁと思っていたら、突然、おじさんに突き飛ばされた。

何事かと思ったら、バンッ!!!!
もう少しで祝砲の爆発を直撃するところで、おじさんに助けられた。

クリックで写真拡大

階段にはたくさんの人がいるにも関わらず、祝砲を打ち上げている。
ものすごい爆音、上から落ちてくる火の破片、めちゃくちゃ危険・・・。

クリックで写真拡大

それでも、階段には礼拝用のお花を売る人達が、平然と座っていた。

クリックで写真拡大

近くには、サント・トマス教会よりも一回り小さいガルバリオ教会。
ガルバリオ教会の階段を上ると、正面にサント・トマス教会が見える。

クリックで写真拡大

教会の内部はセマナ・サンタの装飾で、紫色の布で飾られていた。

クリックで写真拡大

紫色はセマナ・サンタの色だそうで、アンティグアの町では家々が
紫色の布で飾られていたし、紫の衣装を着て宗教行列を行うそう。

クリックで写真拡大

お土産屋さんでは、お神輿を担いでいる小さな人形も売られていた。



"読んだよっ"と、足跡代わりにクリックお願いします。  
皆様のクリックを励みに韓国生活頑張ってます!^^
↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


アフィリエイト・SEO対策

ブロガー必見!Σ(゚Д゚;) バナー広告で簡単収入!参加無料!最大50%還元!!



グアテマラ・ホンジュラス旅行 2012/03/16~03/24



FC2スレッドテーマ : 海外旅行 (ジャンル : 旅行

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-588.html

2012/04/05 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この用語を含む記事は見つかりませんでした。 
記事に設定している ユーザータグ (Keyword) での検索もお試しください。
FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。