日本人ミョヌリ日記韓国生活スタートした 2009年5月~日本移住後の 2014年3月までの 日本人ミョヌリ日記 

このページの記事目次 (チュニジアの旅 の検索結果)

total 2 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

娘と私の旅日記

   ↑  2014/01/01 (水)  カテゴリー: 海外旅写真
 

ギリシャ・エジプト旅日記  
2003年03月5日~03月12日


 

ペルー旅日記  
2003年10月7日~10月15日


 

北欧旅日記  
[フィンランド/ノルウェー/デンマーク]
2006年04月02日~04月07日



 

アフリカ旅日記  
[ジンバブエ/ボツワナ/南アフリカ]
2007年06月20日~06月27日



 

オーストラリアの旅  
2008年06月10日~06月15日


 

中東旅日記  
[シリア/ヨルダン/アラブ首長国連邦]
2008年12月11日~12月19日



 

スペイン旅日記
2009年04月20日~04月27日


 

トルコ旅日記
2009年09月16日~09月25日


 

インドふたり旅 
2010年01月14日~01月23日


 

クロアチア・スロベニアの旅
2010年05月21日~05月27日


 

ベトナム・カンボジアの旅
2010年08月26日~08月29日


 

チュニジアの旅
2010年12月16日~12月22日


 

ブータンの旅
2011月06月14日~06月19日


 

ウズベキスタンの旅
2011年10月13日~10月20日


 

グアテマラ・ホンジュラスの旅
2012年03月16日~03月24日


 

スリランカの旅
2012年07月29日~08月01日


 

マダガスカルの旅
2013年06月22日~06月29日


(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-762.html

2014/01/01 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

〓日韓夫婦の 宗教戦争勃発!!〓

   ↑  2011/01/21 (金)  カテゴリー: 海外旅写真
チュニジアの国民の大多数がイスラム教徒で、あちこちでモスクが見られた。

偶像崇拝のないイスラム教のモスクは、キレイに模様が装飾されているので、
どのモスクを見ても、アート作品のようで美しい。

ドームや、中庭のアーチなど、丸みを帯びた、曲線の多いデザインがかわいらしい。

↓街自体が世界遺産に登録されているケロアンの国内最古のグランド・モスク


IMG_7802.jpg IMG_7811.jpg

宗教の違いで、いまだに戦争やテロが起こり、無宗教の私には、理解ができない。

イスラム教の預言者はモハメッドで、キリスト教の預言者は、イエス・キリスト。

イスラム教では、イエスは預言者として認めているのにも関わらず、キリスト教では、
モハメッドを預言者として、認めていないと言う。

キリスト教が押し付けがましくて、宗教争いが起こるのではないのかと思ってしまう・・・。

↓首都チュニスにある国内2番目に古いグランド・モスク(ジャマー・ジトゥーナ)
IMG1_7817.jpg

日本は仏教の文化を基盤としているが、仏教圏の宗教争いは、聞いたことがない。

仏像の微笑み、静けさ、身近な存在であるせいか、どちらかと言うと仏教が好きだ。
とはいえ、我が家は仏壇もなかったし、信仰心は全くゼロだけど・・・。

ところが、私の旦那の家族、親戚一同、キリスト教のカトリック信者達だ。
聖堂に通え通え、早く洗礼を受けろ受けろと、本当に耳がタコになる程、言われている。

もうすぐ、旧正月の親族の集まりを控えて、その前に、聖堂に通い始めないと、うるさく
何を言われるかわからないので、旧正月前にと、旦那と一緒に、聖堂に行ってきた。

IMG_7827.jpg IMG_7833.jpg

IMG_7829.jpg

旦那は、生まれた時に洗礼してもらっているので、登録するだけ。
私は、これから洗礼してもらえるように、勉強が必要だと言う。

日本では、宗教は個人の自由と法律でも決められているし、こういう風に、
強制的にカトリック信者にされるのは、納得しきれない部分がある。

不満をこぼしながらでも、旦那の家族のために、譲歩して勉強しようとしているのだ。

なのに旦那は、『なんて否定的なんだ。嫌ならやらないって、両親に言えばいい。
と、面倒くさそうに言い放った。 

IMG_7832.jpg IMG_7835.jpg

IMG_7824.jpg

それには、カチーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!
いくら不満を言ってるからって、否定的だなんて、とんでもないっ!

こっちは100歩譲って、改宗しようと、こんなに肯定的に受けれているじゃないか?!!
嫌ならやらないって、両親にいって済む話じゃないじゃないかぁ〜〜〜!!

             宗教戦争勃発!!

結局、私が新年初泣きをしただけで、特に平和条約が締約されたわけでもなく、
むなしく夕飯を作り、いつも通りご飯を食べ、終着となった・・・。



チュニジアの旅 2010/08/26~08/30



      ランキングに参加中です。"同情!""共感!"と思ったら、 
     にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ
         ↑ ポチッとクリックご協力お願い致します。 ↑
      今後、有益な記事を書けるよう参考にさせて頂きます。 

 

                     

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-95.html

2011/01/21 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

キタ━(゚∀゚)━!! 韓国人男子のナンパ術!

   ↑  2011/01/19 (水)  カテゴリー: 海外旅写真
アラブの男性は、意外とラテン系で、投げキッスをしてきたり、ほっぺにキス。
『君はとっても美しいね』『結婚してくれ』とか、恥ずかしげなく言ってくる。

チュニジアの男性も、ハグや投げキッス、『君の瞳はチュニジアンEYEだね。』とか、
『ミスJAPAN!』など、お世辞でも嬉しかったりする。

日本では、高校生時代のチャラチャラしていた時に、ナンパされたぐらい。
なので、チヤホヤされるのは、海外に出た時だけ、私の唯一の一時的なモテ期だ。(笑)

↓世界遺産に登録されているドゥッガ遺跡(紀元前2世紀後半に建てられたローマ遺跡)
IMG_7858.jpg

IMG_7863.jpg IMG_7883.jpg

韓国人男性は、日本人男性に比べて情熱的で、愛を表現すると言うが、ナンパは消極的。

先日、初めて韓国人男性にナンパされたっ!私じゃなくて友達が!!(笑)
そのナンパされた友達は、これが初めてではなく、韓国でよく声をかけられると言う。

その子は、背が高くて、顔が小さくて、顔立ちも整ってて、まるでモデルのようだ。
背の高い女性を好む韓国では、理想像的な女性で、一緒に歩くと、視線を感じるくらいだ。

IMG_7866.jpg

IMG_7875.jpg IMG_7879.jpg

先日、その友達とカフェでコーヒーを飲んで、お店を出て、人気が少ない道を歩き始めたら、
いきなり後ろから男性に、声をかけられてビックリ。

声をかけるなら、カフェで声かけてくればいいのに、あとをつけてくるなんて陰険だ!!
そして、第一声が、『さっき、カフェで僕のこと見かけたでしょ?』と言ってきた。

いやいや、見てないし!全然、あなたのことは視界に入ってないんですけど?!
と言い返したいところ、続いて彼が言った言葉。。。

すごく君のことを気に入ったから、電話番号教えてもらいたくて・・・。

IMG_7900.jpg

IMG_7899.jpg IMG_7897.jpg

えぇ〜?!気に入ったからだなんて、なんでナンパする側が、超上から目線・・・??
声をかけてきた彼は、メガネをかけた、いたって普通のまじめそうな感じの人・・・。

こいつ、ナルシストか?!と思いきや、友達いわく、韓国でナンパされる時、
『気に入ったから番号教えてくれ』とよく言われるそう!

旦那にも、韓国人男子は、そんな風にナンパするのかと聞いてしまったが、韓国では
普通のナンパの決まり文句らしい。

この年で、韓国で、ナンパされるシーンに遭遇できるなんて、きっと最初で最後だ。
友達のおかげで、おもしろい経験ができてラッキーだった。(笑)

IMG_7908.jpg

IMG_7907.jpg IMG_7928.jpg


チュニジアの旅 2010/08/26~08/30



          ランキングに参加中です。"おもしろい!""共感!"と思ったら、 
       にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ
              ↑ ポチッとクリックご協力お願い致します。 ↑
           今後、有益な記事を書けるよう参考にさせて頂きます。 

 
                     

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-96.html

2011/01/19 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【街角ウォッチング】イケメン発見!(゚∀゚*)

   ↑  2011/01/17 (月)  カテゴリー: 海外旅写真
イスラム教で母親は、非常に尊重されており、ある映画でも、イスラム教徒のテロリストの
母親に、恩を着せ、そのテロリストを見方につけるというシーンも見たこともある。

なので、イスラム圏の国を、母親と一緒に歩くと、かなり好感度が高いらしい。

アラビアの男性は、ラテン系で、結構チャラチャラしていて、気軽に話しかけてくる。
街を歩きながらビデオカメラで撮影していると、次々とカメラに向かって話しかけてきた。

↓チュニジアの首都チュニス/チュニジアのシャンゼリゼ通りと呼ばれるブルギバ通り
IMG_7083.jpg IMG_7088.jpg

チュニジア人は、背が高くて、彫りの深い顔立ちで、男前の人が多かった。
ビデオを回しているだけで、イケメンの方から、モデルになってくれて、大収穫だった。

母がビデオを撮っていると、一緒のツアーの人に、『また、イケメン撮ってるんですか?
なんて言われたり・・・。(笑)

IMG_7982.jpg

IMG_7978.jpg IMG_7971.jpg

中でも、母が目を付けたのは、プリズン・ブレイク主演のウェントワース・ミラー似の店員。
せっかくだからと、一緒に写真を撮ると、写真を送ってくれと、アドレスを渡された。

実物は、ウェントワース・ミラーに激似で、アドレスを書いてもらっている姿は、まるで
ウェントワース・ミラー本人にサインしてもらってるようだった。

IMG_7973.jpg
↑世界遺産に登録されているチュニス旧市街(メディナ)をお土産屋の屋上から見下ろす

チュニスの旧市街も、他の旧市街と同様に、お土産屋さんがずら〜と並んでた。
ある土産屋の前を通ると、『屋上から旧市街が見渡せるよ。』と引き込まれた。

どうやら、週刊ユネスコ世界遺産の表紙にもなるほど、チュニスの旧市街の景色は、
このあたりの土産屋の屋上で撮影されることが多いそう。

小心者の私と母は、案内されるがまま、おどおどしながら屋上に上った。
屋上で締め出されるんじゃないかしら・・・なんて不安も抱きつつ、写真を撮ることに。

IMG_7972.jpg IMG_7977.jpg

IMG_1171.jpg

すると、さっきの店員が、スカーフを持ってきて、私の頭に巻き始めた。

これ買わせるパターンなのかな。。。と思い、『い・・・いくらですか・・・?』と言うと、
お金は要らないと言う・・・。

そして今度は、チュニジアの民族衣装のようなものを持ってきて、私に着せようとする。
要らないと言っても、買わなくてもいいからと言われ、あれよあれよと着せられた。

IMG_1172.jpg IMG_1173.jpg 

IMG_7974.jpg

何も押し売りされず、記念写真だけ撮るだけ撮って、タダで済まされるはずがないと、
店を出るまで終始、汗をかいていた小心者の私だが、無事に開放された。(笑)

海外旅行に行って、写真だけ撮るのではなく、こうして現地の人と交流できるのは、本当に
かけがえのない、心のアルバムに残る、一生の思い出だ。



チュニジアの旅 2010/08/26~08/30



          ランキングに参加中です。"おもしろい!""共感!"と思ったら、 
       にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ
              ↑ ポチッとクリックご協力お願い致します。 ↑
           今後、有益な記事を書けるよう参考にさせて頂きます。 

 
                     

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-98.html

2011/01/17 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

〓アジア人を見れば“ニーハオ”という時代?〓

   ↑  2011/01/15 (土)  カテゴリー: 海外旅写真
↓世界遺産に登録されているケロアンのメディナ(旧市街)
IMG_7750.jpg IMG_7751.jpg

IMG_7778.jpg

今回の旅でも、急増していると言う、中国人観光客の多さを実感した。
さすが、人口13億人の中国人だ。

チュニジアでは、一回も日本人観光客や、韓国人観光客を見なかったのに、中国人の団体観光客には、何回も見かけた。

そして、旧市街を歩いていると、『ニーハオ』と声を掛けてくる。
アジア人=中国人だと思っているところを見ると、中国人観光客が多い証拠だ。

おそらく中国人に向かって、“こんにちは”って言ったもんなら、『日本人じゃない!!
中国語は、ニーハオだ!
』って、すごい勢いで言い返しそう。勝手な想像ですが・・・。(笑)

日本人は“ニーハオ”と言われても、『あら〜中国人じゃないわよ。』とニコニコしているから、とりあえず、アジア人を見たら、“ニーハオ”って言うんじゃないかと思ってしまった。(笑)

↓7世紀に作られたラクダが水をくみ上げる井戸、ビル・バルータ
IMG_7766.jpg

IMG_7769.jpg

私達から見ると、中国人・韓国人・日本人の見た目の違いは、どことなくわかるが、中東の人達の顔を見て、全く違いがわからない。

ホテルで、てっきりチュニジア人だと思っていた人に、話しかけられたのだが、実は、リビア人だった。そして、向こうは向こうで、私のことを韓国人だと思ったと言う。

その時、韓国で買った服を着てたし、韓国人の雰囲気が出ていたのだろうか?それとも、韓国の臭いが染み付いてるのか?そのリビア人、かなり見る目があるなぁ〜。(笑)

IMG_7756.jpg IMG_7754.jpg

IMG_7762.jpg


チュニジアの旅 2010/08/26~08/30



          ランキングに参加中です。"おもしろい!""共感!"と思ったら、 
       にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ
              ↑ ポチッとクリックご協力お願い致します。 ↑
           今後、有益な記事を書けるよう参考にさせて頂きます。 

 
                     

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-94.html

2011/01/15 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【韓国に住む不安】韓国経済に未来はない?!(゚A゚;)

   ↑  2011/01/13 (木)  カテゴリー: 海外旅写真
どこの国行っても、サムソン・LG・ヒョンダイなど、韓国企業の看板をよく見かける。

街中や空港で、テレビ、パソコン、カメラ、携帯電話と、韓国の電化製品の宣伝ばかりだ。
チュニジアでは、ヨーロッパの車が多いが、隣の国リビアでは、韓国の車が人気だそう。

日本も、電化製品と車で一世を風靡したが、今は、韓国の時代だとつくづく実感した。

↓スベイトラ遺跡(7世紀のローマ遺跡)
IMG_7658.jpg

IMG_7662.jpg IMG_7663.jpg

私はバブル世代ではないが、私の時代は、まだニートや、ネットカフェ難民もおらず、そこまで格差が大きくなく、今よりも景気がよかった。

男の子なら、車を持つのが当たり前、女の子も、高校生の時からブランド品、海外旅行も当たり前の時代だった。

しかし、最近の日本の若者は、車もブランド品も、海外旅行も興味がないらしい。

IMG_7666.jpg

IMG_7671.jpg IMG_7653.jpg

それに比べ、最近の韓国の若者は、車やブランド品、海外旅行と、まだまだ活気がある。
おそらく今の韓国は、景気がよく、バブル時代に値するのだろう。

スマートフォンの普及率も、日本よりも早く3人に一人はスマートフォンを使っているそう。
(とはいえ、日本の携帯はスマートフォンと同じ機能があるから、普及率が低いのかも・・・。)

IMG_7683.jpg IMG_7681.jpg

IMG_7710.jpg

そして、韓国では、一眼レフ片手に写真撮影をしている若者が多く、今の時代、一眼レフが当たり前だと思っていた。

しかし、今回の旅で、一眼レフを持っている人は、私を含めて2人だけ。
日本では、若者が普通に一眼レフを持っている時代ではないのだそう・・・。

今の韓国、若者が高い物を、簡単に購入できるということは、やはり景気がいいのだろう。
バブル崩壊が怖いが、景気に乗った韓国を、とりあえず満喫しておこう。(笑)

IMG_7696.jpg IMG_7706.jpg

IMG_7717.jpg

でも、韓国バブルが崩壊した場合、日本やアメリカよりも致命的だと言われている。

いつ崩壊するかわからない経済、そして、いつ戦争が始まるかわからない情勢、
やっぱり韓国に住むのって心配がつきないわ・・・。



チュニジアの旅 2010/08/26~08/30



          ランキングに参加中です。"おもしろい!""共感!"と思ったら、 
       にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ
              ↑ ポチッとクリックご協力お願い致します。 ↑
           今後、有益な記事を書けるよう参考にさせて頂きます。 

 
                     

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-93.html

2011/01/13 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【文化差異】感情を表に出す?出さない??

   ↑  2011/01/09 (日)  カテゴリー: 海外旅写真

日本人は、不満や怒りを顔に出さないことが、美徳であると思う。
ムッとして、仏頂面をするのは、社会人のマナーに反している。

どんなにイラッとしても、作り笑顔で隠すか、少なくとも顔に出さないように我慢するものだ。
もし、従業員や、周りの人がそういう対応をしていたら、できた人だな〜と、感心する。

ところが、そう思っているのは日本人だけなのだろうか?
感情を顔に出す=大人気ないと思うのは、日本だけの文化なんだろうか??

↓4WDに乗って山岳オアシスツアーへ
oasis (9)

↓タメルザの村                  ↓シェビカの村
oasis (10) oasis (2)

ドラマでもそうだが、韓国人は喜怒哀楽を、人の目気にせず、ものすごくはっきり顔に出す。
ムッとした顔、チッと舌打ち、ため息などついて、こっちを不快にさせるものだ・・・。

でも、韓国人同士では、そのような態度は日常茶飯事で、何も悪気がないようだ。
逆に、“日本人は顔に出さないで腹黒い、性格悪い”と言われたことがある・・・。

新しく始めたバイト先、不満を顔に出し、接客にも笑顔がない韓国人
女子達と一緒に働くのが苦痛になってきた今日この頃・・・。

↓シェビカの村
oasis.jpg

oasis (3) oasis (6)

これも文化差異なのだろか。。。
顔色を伺って、機嫌をとる文化の日本人には、非常にストレスがたまる一方だ。

チュニジア人も、韓国人と同様に、不満を顔に出す民族なようだった。

今回の旅を同行した、現地ガイドのチュニジア人女性、やたら私達を土産屋に連れて行き、
日本人観光客が、たくさん買うとご機嫌で、買わないとも、おもいっきり仏頂面。

気の小さい私と母は、ガイドさんが機嫌悪くなるといけないから、一応、ひとつ買おうかと、
買ってあげると、日本語で『ひとつだけ?!』と言い、アラビア語で文句を言っている様子。

↓映画「イングリッシュ・ペイシェント」の舞台となったオアシス、ミデス
IMG_7599.jpg

IMG_7613.jpg IMG_7627.jpg

山岳オアシスへ4WDに乗った時、そのドライバーも、さっきまで愛想ふりまいてたのに、
最後、降車し意味深に私達の前をゆっくり歩き、何も渡さないと、すっごい怖い顔だった。

他人がムッとしようが、不満そうな顔しようが、気にしない図太い神経ならいいのだが、
無駄に繊細というか、小心者なので、ストレスだけ受けて、損な性格な気がする・・・。

日本で、こんな風に全く赤の他人に、気持ちを振り回されることって、なかなかなかった
気がするが、島国の日本人は、他人を配慮する気持ちに長けてるのだろうか・・・?


チュニジアの旅 2010/08/26~08/30



 ↓にほんブログ村は、おもしろい記事が満載↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-97.html

2011/01/09 | Comment (1) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

韓国人って恨み深い━━(´∀`;)━━?!!

   ↑  2011/01/07 (金)  カテゴリー: 海外旅写真
↓オアシスの街で、馬車に乗る
IMG_1054_20110105113421.jpg

IMG_7489.jpg IMG_7491.jpg

チュニジアは、地中海沿いに面し、都市の近代化や便利さから、 ヨーロッパの一部
とも言われることがあるそう。

チュニジアの首都、チュニスは、もともとフランス領だったということもあり、どことなく
ヨーロッパの雰囲気をかもし出している。

それにも関わらず、インターネット普及率は、まだまだ低いそうだ。

チュニジア旅行の間、運転してくれたバスのドライバーさんと写真を撮る機会があった。
ドライバーさんが、撮った写真を送って欲しいと言い、アドレスを書いたメモをくれた。

すると、メモを開けてみてビックリ!アドレスはEmailアドレスではなく、家の住所!
21世紀のこの時代に、チュニジアでは、アナログで郵送しなければならないのだ・・・。

かなりカルチャーショックを受けたが、インターネットの便利さを改めて実感した。
きちんと写真が届いてくれるといいなぁ・・・。

↓サハラ砂漠で、ラクダに乗る
P1290525.jpg

P1290534.jpg IMG_1037.jpg

チュニジアの公用語はアラビア語だが、フランスに統治されていたため、小学校から
フランス語を習うため、ほとんどの人がフランス語も話せるそう。

ヨーロッパからの観光客が多いらしく、イタリア語もよく使われているようだ。
むしろ、観光地でも、英語を話せる人の方が少ないくらいだった。

いつも不思議なのは、ドイツやフランス、イギリスなどに侵略されていた国の人々は
韓国人のように、侵略されたことを根に持って、恨んだりしてないように思える・・・。

支配されていた国の言葉を、未だに話し、建物や文化も残っていたりするのに・・・。

なんで、韓国は歴史を歴史としてではなく、未だに引きずっているのだろうか。。。
韓国人って、恨み深いのかしら・・・??(゚∀゚ )アヒャ


P1290538.jpg IMG_1036.jpg

P1290547.jpg


チュニジアの旅 2010/08/26~08/30



 ↓にほんブログ村は、おもしろい記事が満載↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-91.html

2011/01/07 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【人生の分岐点】韓国人旦那との出会い

   ↑  2011/01/05 (水)  カテゴリー: 海外旅写真
10年前の人生初めての海外旅行、イタリア・フランスで、食べて・遊んで・恋をして
海外旅行という魅力にどっぷりハマッた私は、その後も、お金を貯めては、旅に出た。

海外旅行する度に、英語力が必要だなぁと、実感した。

英会話スクールに通ってみようかなぁ、とぼそっと口にすると、母は英会話スクールに
通うんだったら、留学すればという言葉で、留学を決心することに。


↓チュニジアのローマ遺跡、世界遺産に登録されているエルジェム円形闘技場
IMG_7277.jpg

IMG_7282.jpg

そして、オーストラリアに留学し、留学先で韓国人の旦那と出会い、結婚に至った。

人生、いつどこで分岐点に当たるかわからない。
私の場合、料理学校に通ったこと、イタリア・フランス旅行に行ったことが、分岐点だ。

もし海外旅行に関心を示さないままだったら、国際結婚なんて考えもしなかっただろう。

IMG_7301.jpg

IMG_7297.jpg

そして、常に、いつも私の背中を押してくれる母、母の助言で、私の人生は色とりどりに
脚色されている気がする。

海外旅行に送り出してくれた10年前、本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいだ。

よく、『母親と旅行だなんて、考えられな〜い』と言われたりするが、私は、韓国人男子
のことを悪く言えないくらい、ママボーイではなく、ママガールだ。(笑)

IMG_7296.jpg

IMG_0978.jpg

母にベッタリで、頼って甘えて、感謝しているし、もちろん尊敬もしている。

母と一緒に海外旅行、これで12回目だが、旅行をする度、視野が広がり世界観が変わるし、
人生の経験値も格段に上がり、いろいろな国に行けるなんて、本当に幸せなことだ。

神様・仏様・キリスト様・アラーの神様・お母様、いつもいつも感謝してます〜(笑)。

IMG_7285.jpg

IMG_7324.jpg


チュニジアの旅 2010/08/26~08/30



 ↓にほんブログ村は、おもしろい記事が満載↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-89.html

2011/01/05 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

韓国人との結婚まで【全ての道はローマに通ず】

   ↑  2011/01/03 (月)  カテゴリー: 海外旅写真

話が前後してしまうが、チュニジアへ行く前、乗換えのためローマに5時間だけ滞在した。

ちょうど到着した日、ヨーロッパ全土が寒波の影響で、ローマも極寒だった。
日本はあったたかかったが、韓国での寒さを知っている今、寒波でもヘッチャラだ。(笑)

イギリス・ドイツ・フランスでは、大雪で飛行機が欠航していたが、ラッキーなことに、
ローマでの乗り換えだったため、予定通りチュニジアに向かうことができた。

↓ローマ市内 サン・パオロ門
P1290436.jpg

↓世界遺産のコロッセオ
P1290447.jpg

ローマへ来たのは今回で2回目で、10年振りのローマだ。
フランス・イタリア周遊する、専門学校の研修旅行だったが、これが私の人生の分岐点だ。

まず、勉強が嫌いだった私は、食べるのが好きという単純な理由で、料理学校に入学。
(推薦で短大ならどこでも行けると言われていたにも関わらず・・・。自己弁護(笑))

↓ローマ市内の市立展示館
P1290481.jpg

↓ローマ市内にある教会
P1290477.jpg

料理学校では、フランス・イタリア周遊するの研修旅行があったが、当時、全く旅行に興味
がなかった私は、旅行に35万円も払うことがもったいなくて、行きたくなかった。

ところが、母がプレゼントだと言って、貧乏性で拒む私を、海外旅行に送り出してくれた。
おいしいものを食べて、歴史的建造物や、絵画のような風景に大感激!

そのうえ、あいのり状態で、旅行中に恋もして、五感全てを高めることができる海外旅行に
それ以来どっぷりハマッたのだ。

↓ローマ、ナツィオナーレ大通り
P1290480.jpg

↓クリスマスイルミネーション
P1290503.jpg

『全ての道はローマに通ず』と言うが、フランス・イタリア旅行があってこそ、
海外に興味を持つようになり、韓国人の彼と結婚するきっかけになったと思う。

人生どこで、どう変わるか、全くわからないもんだ。



チュニジアの旅 2010/08/26~08/30



 ↓にほんブログ村は、おもしろい記事が満載↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-88.html

2011/01/03 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この用語を含む記事は見つかりませんでした。 
記事に設定している ユーザータグ (Keyword) での検索もお試しください。
FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。