日本人ミョヌリ日記韓国生活スタートした 2009年5月~日本移住後の 2014年3月までの 日本人ミョヌリ日記 

このページの記事目次 ( ← 2012年07月 → )

total 4 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【裸×鎖×炎】アブノーマルな世界

   ↑  2012/07/31 (火)  カテゴリー: 海外旅写真
スリランカ仏教の聖地で、シンハラ王朝最後の都だった「キャンディ」。

キャンディ湖畔に仏の歯が奉納されている仏歯寺があり、毎年7月~8月の
約2週間、仏の歯を象に乗せて市内を練り歩くペラヘラ祭りが行われる。

スリランカ各地で行われるペラヘラ祭りだが、ここキャンディのお祭りが
スリランカ最大の祭りで、最終日の今日が最大規模で、一番豪華だそう。


祭りの行列が通るメインストリート。
クリックで写真拡大

夜店で売ってるようなおもちゃや、スナックなど軽食を売りにくる。
クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 

少しお高いツアーだとホテルのバルコニーから鑑賞することもできる。
私たちの貧乏ツアーは(笑)、歩道に椅子が並べられた場所からの鑑賞。

クリックで写真拡大

一緒のツアーだった年配の女性は、前回はバルコニーから見たそうだが、
もっと近くで見たいということで、今回この安いツアーに参加したそう。

クリックで写真拡大 クリックで写真拡大

消防車やたいまつを乗せたトラックなどが通り、給水車で道路に水がまかれ
いよいよ準備完了という感じ、道路から人がいなくなり、祭り開始を待つ。

クリックで写真拡大

とにかく人がいっぱいで、椅子もぎゅうぎゅう詰めだったので、途中から
母の後ろに座っていた若い欧米人は、母の椅子の背もたれに肘をつき、
母の前の歩道に座っている現地人は、母の足を背もたれ代わりにしたり。

身動きとるのが本当に大変な状況で夕飯はデリバリーピザ、韓国と同様に
どこにでもデリバリー可能で、この人混みの中ちゃんんと届けてくれた。

クリックで写真拡大

今回2度目のペラヘラ祭りを見に来た年配の女性は「服着てる!前回は
服なんか着てなかったのに!裸に鎖みたいなの付けて、炎を操る姿が
いいのに!これじゃ全然ダメだわ~!」と力説、そういう視点か(笑)?

クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 

うぅ~ん、私は裸×鎖×炎には萌えないなぁ(笑)、それなら裸×覆面×炎の
たいまつ係の男性の方が萌えるかも・・・て、私も負けずにマニアック(笑)?

クリックで写真拡大

クリックで写真拡大 クリックで写真拡大

しばらくすると キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! 裸に鎖!
2回目のペラヘラ祭り鑑賞の女性も、とてもご満悦の様子だった(笑)。

クリックで写真拡大

クリックで写真拡大 クリックで写真拡大

決して男性の裸目当て見に来た訳ではない(笑)。パレードは楽器を演奏
する音楽隊、舞踊部隊、皿回などのパフォーマンス部隊などさまざまだ。

クリックで写真拡大

中でも、繋がった細い竹のようなものを持って、ものすごい勢いで円を
描いて走るパフォーマンスは、竹のしなる音と迫力が素晴らしかった。

クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 

象も音楽に合わせて、3頭 同時に左右に揺れたりしながら演技している。
クリックで写真拡大

クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 

お祭りのクライマックス、背中に仏歯を乗せたきらびやかな象の行進。
クリックで写真拡大

異文化と融合した海外のお祭は、本当に貴重な経験、とってもよかった。
パレードは3~4時間続き、最後はトイレに行きたくて必死だった(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-742.html

2012/07/31 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

愛羅武★仏 石窟寺院に萌え~

   ↑  2012/07/31 (火)  カテゴリー: 海外旅写真
世界遺産のスリランカ最大の石窟寺院「ダンブッラ石窟寺院」。

インドのアジャンタやエローラの石窟寺院を見てしまったので、
それに比べて小さいけれど、ここはカラフルな装飾が見所だ。

クリックで写真拡大

石窟寺院は紀元前1世紀に造られたものだが、入り口はド派手。
クリックで写真拡大 クリックで写真拡大

麓から20分程上って石窟寺院へ。
クリックで写真拡大

ここでも野生の猿がいっぱい、みんな可愛らしい。
クリックで写真拡大クリックで写真拡大

クリックで写真拡大

五つの石窟によって構成されており、回廊で繋がっている。
クリックで写真拡大

クリックで写真拡大クリックで写真拡大

クリックで写真拡大

寺院内部は、壁画や天井画が素晴らしく、たくさんの仏像が並ぶ。
クリックで写真拡大

クリックで写真拡大 クリックで写真拡大

クリックで写真拡大

クリックで写真拡大 クリックで写真拡大

クリックで写真拡大
団体旅行なので、一つずつゆっくり見てられず、とっても残念だった・・・。

クリックで写真拡大
頂上から、20km程離れたシーギリヤロック(写真中央右)が遠望できた。
関連記事

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-741.html

2012/07/31 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

『スリランカの猿は床屋に行くんです』

   ↑  2012/07/30 (月)  カテゴリー: 海外旅写真
世界遺産に登録されている、アジア有数の遺跡群ポロンナルワ観光。

続いての観光は、13世紀に建てられた巨大な寺院「ランカティラカ」
高さ17.5m、奥行き52m、幅18m、大きな仏像と彫刻に萌え~(笑)。

クリックで写真拡大

寺院の柱の左側の大きな彫刻と、寺院の手前右側ガードストーン。
クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 

寺院に通じる階段のレリーフと、仏像向かって右側の出口の天井の壁画。
クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 

内部にある頭部が欠けた巨大な仏像、とにかく圧巻!
クリックで写真拡大

かつての寺院が描かれていると思われる、外側の壁の彫刻も素晴らしい。
クリックで写真拡大


「ランカティラカ」から「ガル・ヴィハーラ」へ向かう途中にある僧坊跡。
クリックで写真拡大  クリックで写真拡大 

点在している、僧たちの小さなダーガバ。
クリックで写真拡大  クリックで写真拡大 

歩いてる途中に遭遇した、スリランカ固有の猿「トクモンンキー」。
トルコの帽子“トク”に似ていることから、その名が付いたそうだ。
クリックで写真拡大 クリックで写真拡大
ガイドさんが『スリランカの猿は床屋に行くんです』と言う(笑)。
本当に散髪して刈りそろえたみたいで、とってもかわいい!


乳白色(キリ=シンハラ語でミルク)のダーガバ「キリ・ヴィハーラ」。
クリックで写真拡大


最後に訪れたのが「ガル・ヴィハーラ」、ポロンナルワの大傑作3大石像。
クリックで写真拡大

とにかく大きい!立像 高さ7m!!
クリックで写真拡大

(写真左)座仏像 高さ4.6m、(写真右)涅槃仏 全長14m。
クリックで写真拡大 クリックで写真拡大

なだらかな線の姿態、穏やかな表情の仏像に癒された~

クリックで写真拡大
関連記事

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-740.html

2012/07/30 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

アジア有数の遺跡群 ポロンナルワ

   ↑  2012/07/30 (月)  カテゴリー: 海外旅写真
ポロンナルワは、10~12世紀にシンハラ王朝の首都があった場所。
仏教都市としてアジア有数の遺跡群、世界遺産に登録されている。

たくさん遺跡があるので自転車で観光して回る人も多いらしいが、
ツアー旅行の宿命・・・、ポロンナルワの中の有名所3箇所のみ観光。

最初に向かったのは、ポロンナルワ遺跡群の中心、クワドラングルへ。
まずは、クワドラングルの中で、一番大きな円形仏塔「ワタダーゲ」。

クリックで写真拡大

「ワタダーゲ」内部の仏像と、入り口の足元を飾るムーンストーン。
クリックで写真拡大 クリックで写真拡大


続いて「トゥーパーラーマ」という、保存状態の良い仏堂。
クリックで写真拡大

原形をとどめている屋根と、堂内の仏像。
クリックで写真拡大 クリックで写真拡大


蓮の茎をかたどった8本の石柱「ラター・マンダパヤ」。
クリックで写真拡大


11世紀に建てられた、仏歯を奉納していた仏歯寺跡の「アタターゲ」。
クリックで写真拡大

「アタターゲ」は“8つの遺宝の家”という意味だそう。
クリックで写真拡大 クリックで写真拡大


「アタターゲ」の南、屋根も壁もないところに立っている小仏像。
クリックで写真拡大


仏歯寺跡「ハタダーゲ」。12世紀に「アタターゲ」から仏歯が移動された。
クリックで写真拡大
「ハタダーゲ」の中に入って右側にある碑文と、奥に立ち並ぶ仏像。
クリックで写真拡大クリックで写真拡大

クリックで写真拡大


7階建ての塔「サトゥマハル・プラサーダ」。
クリックで写真拡大


9m×1.5mの石碑、石の本とも呼ばれる「ガルポタ」。
 
クリックで写真拡大
 
クリックで写真拡大
 クリックで写真拡大
関連記事

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-739.html

2012/07/30 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

対スズメバチ☆命がけの絶景

   ↑  2012/07/30 (月)  カテゴリー: 海外旅写真
足だけをが残る"ライオンの入口"、かつては体も頭もあっったそう。
クリックで写真拡大

この上に王宮跡があるがズメバチが大発生中、なんと登場中止に・・・。

この次の観光予定に余裕があったため、スズメバチの活動が少しおさまる
まで待機、せっかく来たのだから絶対に上りたいっ!上れるよう祈る!!

クリックで写真拡大

しばらく待っていると防護服を着てという条件付きで、登場許可が下りた。
クリックで写真拡大

顔も手も全て覆って、まるで宇宙服のよう、これもいい経験になった。
クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 

かなり急な階段で、スズメバチを怒らせないように静かに上っていく。
クリックで写真拡大

そして、ついに頂上の王宮跡へ!
クリックで写真拡大

 絶 景 !!!
クリックで写真拡大

クリックで写真拡大

頂上から参道を見下ろす。
クリックで写真拡大

雨季にはもっと水がある王様のプール跡。
クリックで写真拡大 

クリックで写真拡大
クリックで写真拡大


クリックで写真拡大

帰路の途中、アサナ礼拝堂。
クリックで写真拡大

大きなコブラ岩。
クリックで写真拡大 クリックで写真拡大

会議堂。
クリックで写真拡大
関連記事

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-737.html

2012/07/30 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。