日本人ミョヌリ日記韓国生活スタートした 2009年5月~日本移住後の 2014年3月までの 日本人ミョヌリ日記 

このページの記事目次 ( ← 2013年01月 → )

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

〓 I LOVE YOU 사랑해 大好き 〓

   ↑  2013/01/02 (水)  カテゴリー: 日 本 生 活
「親孝行したいときには親はなし」というが、親へは反抗期が過ぎて社会に出て、
親の苦労がわかるようになった25歳くらいから、親孝行できるようになってきたが、
「ジジ孝行したいときにはジジはなし」だ。

私がジジ孝行したいと思った時には、既に、祖父は脳梗塞になって
体が不自由になり、最後の6年間はずっと寝たきりで、
ジジ孝行らしいことがあまりできなかった。

母はいつも、祖父母への親孝行は孫を連れていくことだと言っていた。

なので、反抗期でも月に数回は一緒に昼食を食べたし、
祖父が脳梗塞になってからも車椅子に乗せて外食に行ったり、
病院への面会にもよく行った。

それでも、私自ら何か祖父へしてあげたということはほとんどなく、
大人になってから唯一、祖父にしてあげたことは一度だけ、
定期健診のため脳外科へ連れて行ったことだ。

祖父と2人になることなんて、そうそうなかったし、
まだ20歳くらいだった私は祖父との会話も特になく、
待合室で祖父と無言のまま、雑誌を読んだりしながら待っていた。

あまり優しい言葉をかけたりする人ではなかった祖父がひとこと、
「こんなところつまらないでしょ。ごめんね。」と言ってくれた。

私は「別にいいよ。」くらいしか言わなかったが、
今思うと、祖父が小さい頃にしてくれた分、
もっともっと積極的に祖父へ恩返しするべきだったと思う。

なかなか日本語では口では表現ができなかったが、旦那と出会って、
オーストラリアに住んでいる時は「I LOVE YOU」、韓国に住んでからは
「サランへ」と、気軽に愛情表現を口にするようになった私。

祖父に「大好きだよ」なんて、一度も言ったことがなかったが、
海外に住むようになって、時々日本に帰ってきては、寝たきりの祖父の耳元で
「大好きだよ。長生きしてね。」と呼びかけるのが定番となった。

寝たきりで口が利けなくなった祖父だが、耳はちゃんと聞こえているよで、
まばたきしたり泣き顔になったりと、ちゃんと反応があった。

今回、私が日本に移住することになったこともわかっていて、
私が日本に戻ってくるのを待っててくれたのかな・・・なんて思う。


20121125.jpg
関連記事
スポンサーサイト

FC2スレッドテーマ : 国際結婚 (ジャンル : 結婚・家庭生活

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-687.html

2013/01/02 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

日本移住後すぐに訪れた不幸

   ↑  2013/01/01 (火)  カテゴリー: 日 本 生 活
昨年、11月25日祖父が亡くなった。
89歳だった。

私は母子家庭で、母親は一人っ子。
家族といえるのは、母親と兄、母方の祖父母だけだった。

少ない家族の中の祖父が亡くなってしまったので、
やっぱりなんとも言えなく寂しくなった。

「故人は残された人の心の中で生き続ける」とよく聞く。
しかし、記憶力の悪い私…。

私の中の祖父が薄くボヤけてしまわないように(苦笑)
祖父のことを書き残しておくことにした。


以前、韓国に住んでいる時、旦那とテレビを見ていた。
離婚率が高い韓国。

子供には両親が必要だというような内容。
女の子には必ず父親という存在が必要だという。

えぇ〜嘘だ。
私は母親一人に育てられたけど、こんなにいい子に育ったもん(笑)。


と旦那に言うと、
だってmelokotonにはおじいちゃんがいてくれたでしょ。と言われた。

どうやら、父親代りになれる人がいれば問題なく、グレずに真っ直ぐ成長すると言う。
そう言われ、改めて祖父の存在の大きさに気付かされた。

昔から近所に住んでいて、週に何回か必ず遊びに行っていた。

祖母にはたくさん遊んでもらった記憶があるが、
祖父とはあまり遊んでもらったという記憶がない。

私の兄とは将棋をして遊んだり、高校時代ラクビー部だった
兄のおっかけをしたりと、兄のことを可愛いがっていたイメージだ。

それでも、怖かったり口うるさかった訳でもない。

小さい時はいつも、祖父にそっくりだと言われたので、
祖父は私を連れてよく近所に買い物に行った。

自転車の荷台に私を乗せて、祖父の家から私の家まで、
よく送ってくれたりもしたものだ。

夏休み、冬休みなど、休みの度にどこか旅行へ連れて行ってくれた。

デジカメがない時代にも関わらず、旅行の写真がいっぱい出てきて、
こんなに可愛いがってもらってたのかぁと実感し、目頭が熱くなった。


photo.jpg
関連記事

FC2スレッドテーマ : 国際結婚 (ジャンル : 結婚・家庭生活

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-686.html

2013/01/01 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。