日本人ミョヌリ日記韓国生活スタートした 2009年5月~日本移住後の 2014年3月までの 日本人ミョヌリ日記 

このページの記事目次 ( ← 2013年08月 → )

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ハローワーク偽りの求人票より好条件で

   ↑  2013/08/24 (土)  カテゴリー: 日 本 生 活
先日ハローワークの紹介の仕事の面接を受けたホテルから合格の連絡がきた。

しかし、募集していたポジションはフロントスタッフだったのに、ベルスタッフとして採用だそう。
さらに契約社員のはずが、アルバイトでの採用。
就労条件に希望があれば考慮するので考えて返事が欲しいとのこと。

こないだテレビでも、ハローワークの募集要項と異なる仕事が多く問題になっていると取り上げられていた。

NEWS WEB▽ハローワークに「偽りの求人票」

ハローワークの求人票を巡って、記載された労働条件と実際の賃金が違うなどとして 全国のハローワークに相次いで苦情が寄せられ、その件数は昨年度、少なくとも6600件余りに上っていることがNHKの取材で分かりました。
厚生労働省によりますと、背景には、人を集めるために求人票にうその内容を 載する会社があることや、雇用契約を結ぶ際、法律で義務づけられている労働条件の 説明を怠る会社が多いことなどがあるということです。日本労働弁護団の棗一郎弁護士は「国の機関であるハローワークの職業紹介制度の 根幹を揺るがしかねない事態で、国は直ちに対策を取るべきだ」と話しています。


ハローワーク側で、仕事の募集している会社の善悪まで管理していられないという。
頼みの綱として、信頼してハローワークに行ってるのに、これでは期待を裏切られる形だ。
採用してくれるなら仕方ない…という人の気持ちを逆手に取って、募集要項とは異なるなんて腹が立つ。

いくら日本人っぽいという私の旦那だが、さすが韓国人(笑)。
そんな黙って相手に都合のいい条件を飲み込み込まなかった(笑)。

まず、契約社員として採用を前提として、お給料も年収240万円は欲しい。
ベルスタッフから始まって、フロントスタッフに移動する可能性あるというならば働いてもいいと、
しっかりこちらの希望を伝えて交渉。

すると、予算オーバーだが働いてくれるならと、なんとこちらの条件が全て通った。
雇用主よりも労働者の勝利。
謙虚な姿勢よりも、自己主張したもん勝ちだと改めて実感した。
関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-697.html

2013/08/24 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

韓国人の下では働きたくない?!

   ↑  2013/08/23 (金)  カテゴリー: 日 本 生 活
先日受けた会社での面接で、自分の日本語能力が足りないと思い知らされた旦那。
すっかり自信をなくしてしまったせいか、韓国人コミュニティサイトで募集していた
韓国人が経営している会社に応募することに。

仕事内容も、以前韓国でマーチャンダイザーとして働いていた経験が生かせる、
化粧品会社でのマーケティングおよび営業職。

面接では、すぐに社長に気に入られたそう。
どうやら男性社員が一人もおらず、一緒にタバコを吸える男性社員ということで(笑)、
今すぐにでも働いて欲しいとのオファー。

これから海外にも進出して、市場拡大したいそうなので、旦那の英語力を生かして働けるし、
海外出張もあるそう。
自分が頑張った分だけ成果が目に見えるから、やりがいがあっていいと思うのだが、
旦那にとっては「やりがい」ではなく、単なる重荷だそう。

小さな会社で韓国人の下で働くとなると、残業代や給料をちゃんともらえるか不安だ。
それなら、頭を使わなくてよい単なる肉体労働で、ある程度きちんと大きな会社で
給料が保障されてる方がいいと断ってしまった。

断ったにも関わらず、その会社からはもっとお給料を払うからと、再度オファーがくるほど。
せめて、いくらもらえるのかだけでも聞いてみればよかったのに・・・。
日本では正社員として働くのも大変なご時勢なのに、せっかくこんなに必要とされて
なんだか断ってしまうのがもったいない。
関連記事

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-698.html

2013/08/23 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

向上心ゼロ“責任のない仕事がしたい”旦那

   ↑  2013/08/18 (日)  カテゴリー: 日 本 生 活
旦那の就職活動、自分のことのように一喜一憂だ。

希望していた会社から面接の連絡が来て大喜び。
一緒に面接の練習をして、面接当日も会社の前まで一緒について行った。

しかし喜んでられたのは束の間、単なるぬか喜びだった。一気に挫折感に変わってしまった。

外資系の会社で、人事担当者の苗字が日本語、名前が英語だったので、てっきり英語での面接かと思ったら
完全に日本語で日本式の質問内容に旦那も戸惑ってしっまたよう。

深いため息ばかr、言葉の壁にぶつかったと落ち込む旦那。日本語力がまだまだ足りないと実感したよう。
だからと言って、じゃあ今日から日本語を猛勉強するかと思いきや全くそうではない。

旦那は昔から学校に通うのは好きだが、勉強はしない、
勉強はしなくても勉強ができてしまうから、学校に通うのが好きという感じ。
頭がいいのに努力が嫌いな旦那、全くもって宝の持ち腐れだ。

結婚してオーストラリアで生活後、そのままオーストラリアで移住を考えてた時も、
必死で仕事を探す姿勢が見られず、すぐに諦めて韓国で生活することになった。
移民者として苦労してオーストラリアで暮らすよりも、韓国で暮らしたほうが楽だと楽な道を選んだ旦那。

韓国でも自分がやりたいホテルの仕事は安月給なので、私を養うために流通会社のサラリーマンとして
働いていたと思っていたが、実は、ホテルでの仕事がみつからなかったし、他にもいくつか応募したけど
見つからなかったから、一番楽な手段の伯父さんのコネで就職したそう・・・。

旦那がよく口にするのは、「映画“アメリカンビューティー”で主人公が“責任のない仕事に就きたい”
と言うセリフの気持ちがよくわかる。僕もそうなりたい。」
と、全く向上心ゼロ(苦笑)。

片や、オンニ(旦那のお姉さん)の旦那さんは、ジムに通って体系維持もおこたらず、英語と会計士の勉強を
必死で取り組み、米国公認会計士を目指していて、先日念願の外資系企業で会計士として採用されたそう。

うちの旦那も、少しは義兄さんを見習って欲しいものだ・・・。
関連記事

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-694.html

2013/08/18 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。