日本人ミョヌリ日記韓国生活スタートした 2009年5月~日本移住後の 2014年3月までの 日本人ミョヌリ日記 

このページの記事目次 ( ← 2013年10月 → )

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ストレスで過敏性大腸炎、蕁麻疹

   ↑  2013/10/25 (金)  カテゴリー: 日 本 生 活
劣悪な職場環境で、せっかく日本に移住してもストレスから離れられなかった・・・。

職場はサポートセンターで、チームが3つに分かれており、私の配属されたチームは最悪だった。
うちのチームリーダーは親身に対応してくれず、質問しても社内システムのQAを見ろと言う。

こっちはQAを見てもわからないから質問しているので、QAの内容を教えて欲しいと言っても、
「このQAだけ見てもわからない」と超無責任、質問してもこの調子、リーダーの意味がない。

顧客がこういう質問しているので、どう対処するよう案内すればよいかと相談しても
「え?何を調べればいいの?」って、”お前の仕事は何なんだ?!”と、言いたくなる。

他のサポーター役の人もろくでもない人が多く、すぐにキレる男、間違えて教えてきたくせに
自分の間違いを認めずに責任をとらない男、全くもって新人を育てる体制がなっていない。

このチームに入ったことも不運だったが、このチームの席が最悪、意地の悪い課長の近く。
監視されることも多く、横から口を出されることもあり、一番前の席で所長席にも近い。
もしも何か失敗してしまったら大変なことになる・・・、頼る上司もおらずプレッシャーの毎日。

すると、物心ついてからず~っと便秘体質だった私が、過敏性大腸炎になってしまった。
あんなに便秘に悩まされていたのに、会社に着くとものすごい腹痛でトイレに駆け込むように。
8ヶ月間で体重がどんどん減って、一時は40kgを切りそうにもなった。

そして体の不調はこれだけでなく、ストレスで蕁麻疹発生。
てっきりストレスで持病のアトピーがひどくなったのだと思い、皮膚科でアレルギー薬を服用
してもらい、強力なステロイドの塗り薬を塗っても全くよくならず、顔から何から全身に発疹。

風邪で内科に行くと、医者に蕁麻疹じゃないかと言われて初めて、蕁麻疹だと確信した。

旦那の家族が日本に遊びに来るというタイミングで発疹が出たので、それが原因かと(笑)
思っていたがそうではなく、その後もよくならずに全身掻きむしった跡のカサブタだらけに・・・。

しかし先日、会社でチーム替えがあり、今度のチームリーダーは社内で一番面倒見がよい人に。
「お父さん」と慕われている人で、常に親身になって楽しく仕事ができる上司に変わったのだ。

席替えもあり、意地悪な課長の監視席からも離れたところ、なんと過敏性大腸炎が直った!
さらに、発疹も出なくなり、カサブタだらけの肌もどんどんきれいになっていくのでビックリ!

過敏性大腸炎、心因性蕁麻疹と・・・、本当にストレスの怖さを改めて実感させられた。
関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-701.html

2013/10/25 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

『ふたつ良いこと無い』・・・

   ↑  2013/10/17 (木)  カテゴリー: 日 本 生 活
日本移住後、日本語学校へ通う旦那を養うため、大手家電メーカーのサポートセンターで働き始めた。

契約社員だが、大手企業で給料もよくボーナスも出る上、土日休みで17時の定時に終わるという好条件。
しかし、実は『徹底的な奴隷と監視で支配』『大量採用し使い捨てる』というブラック企業だった。

同時に入社したのは、私を含めて6人だったが、最初の1ヶ月で2人クビ、その辞めさせ方が酷かった。

人前で怒られるのは当たり前、ねちねち嫌味を言われ、常に監視されて粗探しされ、さらに怒られる。
そしてクビを通告され自己都合での退社を強いられ、全く何も仕事を与えられず1日中座ってるだけ。
その屈辱に耐えられず、結局、満期で退社ではなく自己都合退社ということになり辞めさせられた2人。

また先日、もう一人の同期は、一度、顧客情報の聴取を間違えたのがきっかけで目をつけられてから、
些細なことにまでケチつけ、さらなるミスを見つけ出して、最後はやっぱりクビにされてしまったのだ。

入社後、一番最初の課長との面談で、仕事はどうかと聞かれたので、「覚えることがたくさんあるし難しい。
まだわからないことがあるので頑張ります。
」と私が答えると、「いや、頑張らないでいいから。」と言う。
頑張られても困る。無理するんだったら辞めてもらった方がいい。」と、厳しい表情で言われて唖然・・・。

企業理念では、「社員は宝」と掲げときながら、社員を大事に育てて成長を見守る気はゼロ、使い捨てだ。

だいたい、評価制度にも問題がある。普通は、評価によって昇給させ、社員のやる気を引き出すものだ。
だが、この会社の評価制度は、やる気が出るどころか、どんどんやる気が失せ、げんなりするのだ・・・。

なぜかと言うと、採点方法が減点方式、毎月、重箱の隅をつつくような形で、何かしら文句を言われる。
その言葉に傷つくし、点数が悪ければ説教部屋に呼び出され、ここが悪いあそこが悪いと責められる。

サポートセンターなので、聞かれることが千差万別、顧客の環境や状況によって対処が毎回異なる。
研修では一般的な質問だけを教えてもらい、あとは実際に対応しながらということだったのだが、上司に
「ちゃんと聞いてるのか」「常識的に考えて」「ったく理解が遅い、顧客の方がよっぽどわかってる」等。

そんなことを毎日のように言われ、次は自分がクビにされるかもとビクビクしながら日々が辛い・・・。

お互い励ましあいながら、唯一仲良くしていた同期も先日クビになってしまい、毎日心が折れる思いだ。
大企業で好条件であっても、その代わりに職場環境は劣悪・・・。『ふたつ良いこと無い』正にその通りだ。
関連記事

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-700.html

2013/10/17 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。