日本人ミョヌリ日記韓国生活スタートした 2009年5月~日本移住後の 2014年3月までの 日本人ミョヌリ日記 

このページの記事目次 ( ← 2013年11月 → )

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ポッコリお腹、くびれボディに憧れる

   ↑  2013/11/30 (土)  カテゴリー: 妊 娠 生 活
ようやく安定期に入って、体調もすっかりよくなり、やっと少し不安がなくなってきた。
あとは最後まで元気に育ってもらうことを祈るばかり、安産でありますうようにっ!!

私のお腹だが、昔から幼児体系でキューピーちゃんのようにお腹がぽっこりだった。

くびれたウエストにずっと憧れていて、母に大人になればくびれるから大丈夫と言われ、
S字のボディを夢見ていたが、結局今まで凹凸の全くない筒状の身体と付き合ってきた。


そして、妊娠してからぽっこりお腹に拍車がかかり、成長が止まらない・・・(笑)。
マタニティ雑誌やサイトなどの、他の人のお腹の大きさと比べても、自分は大き過ぎる。

15週目だが、ほとんど25週~30週に入った妊婦のお腹の大きさとほぼ同じに見える。
三つ子を妊娠中の15週目の人と、同じくらいの大きさで、自分のお腹が恥ずかしい・・・。

母には「ちょっとあんた、そのお腹もう少しどうにかならない?引っ込まないの?」と、
無茶振り(笑)、試しにへこませてみたものの、お腹の丸みは全く変わらずポンポコリン。

妊娠前のぽっこりお腹は、前かがみなると2段3段腹になったのだが、妊娠後のお腹は
前かがみになると突っ張ったままで苦しいので、中身が入ってるのは間違いないのだ(笑)。

友人にも、昔からぽっこりお腹に見慣れすぎて妊娠してる気がしないと言われた(笑)。

先日、14週目の妊婦検診に行くと、看護婦さんに「胎動は感じてますか?」と聞かれた。
通常20週前後に胎動がわかるらしいが、私のお腹の大きさで20週以上と思ったのだろう。


夜寝る時、仰向けは苦しいので横向きで寝ているが、以前に比べてお腹が重たいので、
枕を抱いてお腹を支えるよう横向きで寝るようにしているが、寝返りが難しくなってきた。

どうやら、妊娠前は無意識に寝返りを何度もしていたのだろうけど、今は寝返りするには
「よっこらせ」と一苦労、片側だけで長時間寝ているので肋骨の辺りが痛くなってくる・・・。

まだ5ヶ月でこの状態・・・、もう少しお腹が小さければ楽なんだろうけど、先が思いやられる。

illust029.jpgにほんブログ村 マタニティーブログへ
関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-705.html

2013/11/30 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

安定期まで毎日ドキドキの妊婦生活

   ↑  2013/11/20 (水)  カテゴリー: 妊 娠 生 活
妊娠がわかったのが6週目、すぐにツワリが始まり、嘔吐はないが胃がムカムカ気持ち悪い。

空腹になると気持ち悪いので食べっぱなし食べツワリ、別に好きじゃなかったご飯を欲す。
妊婦になると酸っぱい物が食べたくなると言うのも本当だった(笑)、ドライレモンをかじる。

6~7週目がツワリがひどかったが、8週目からツワリが軽くなってきた。
嬉しい反面、ちゃんと赤ちゃんが育っているかどうか不安になる日々・・・。

母の時代は妊娠して出産がするのが当たり前、不妊や流産の心配なんて必要なかったそう。

現代は不妊と流産する確立が多くなったのだろうか・・・、もしくは、インターネット社会になって、
情報が溢れているため、そういったマイナスの情報を目にするようになっただけなのだろうか?

不妊の時期も辛かったが、妊娠して嬉しいだけでなく、きちんと赤ちゃんが無事に育つかどうか
こんなに不安で心配になるもだなんて知らなかった、不安にさせる妊婦雑誌も良し悪しだ・・・。

20130911.jpg

心拍が確認できた8週目、予定日が2014年4月22日に確定

9週目からは微熱と眠気に襲われ、食っちゃ寝食っちゃ寝。
ツワリが軽くなったものの、やっぱり時々気持ちが悪くなる。

寝てばっかりの生活、眠気に襲われるのは「赤ちゃんがママゆっくりして」というサインだそう。
それを母に言うと、「ずいぶん都合のいい解釈ね。昔の嫁はちゃんと働いていた。」と言う(笑)。

10週目から、熱っぽさがなくなり、11~12週目には日中の眠気とはサヨウナラ。
ちゃんと日常生活に復帰(笑)、夕食後に胃がムカムカ、気持ち悪くなることが多い。

20130924.jpg

10週目の検診で、小さな手と足を確認、丸い手足をむにゅむにゅ動かしているのか、
羊水にぷかぷか浮かんでるのかわからないが、エコーで見た姿は超かわいかった。

13週目、ツワリと思われるものがなくなり、今までの嗜好に戻ってきた。
14週目からトイレが遠くなり、胃が小さくなり食欲が収まる、子宮が上に上がってきた様子。

131026.jpg

14週目の検診から旦那と一緒にエコーを確認できるようになり、元気な心臓の鼓動と、
小さな手に5本の指、はっきりと確認することができたが、寝ているようで動きはなし。

エコー写真は二頭身でテディベアのように座ってる姿が愛くるしい 既に親バカだ(笑)。

illust029.jpgにほんブログ村 マタニティーブログへ
関連記事

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-704.html

2013/11/20 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

出産準備から小姑の口出しにウンザリ

   ↑  2013/11/11 (月)  カテゴリー: 妊 娠 生 活
旦那の両親へは3ヶ月目に入ってから、旦那から直接、妊娠報告してもらった。

オモニム(旦那の実母)は、「melokoton のお母さんにありがとうって伝えて!」と言い、
涙ぐみながら、とっても喜んでくれたそう。私の母は「なんで私・・・?」と言っていたが、
おそらく私が妊娠できるよう、平穏な日々をもたらしてくれた母への感謝だったのだろう。

韓国に住んでいる時に、「オンニ(旦那の実姉)の子供はかわいいから私が育てるけど、
melokotonは自分で育てな」ってはっきり言われて、私の子供はかわいくないのか・・・と
傷ついたけど、オモニムには優しいところもあり、涙ながら喜んでくれたのは嬉しい。

それに引き換え継母・・・、必ず話す度に、こちらがイラッとするようなことを言われる。
今回も「おめでとう」と連絡が来たのだが、それと合わせて「海産物は口にしないように、
放射能がいっぱいで心配だわ~」的な嫌味を言われてムカ~!!本当に嫌な性格な人だ!

そしてオンニ(旦那の実姉)・・・決して意地が悪い訳ではないのだろうけど、私とは合わない。
妊娠を喜んでくれたけど、それと同時に先輩ママさん面がすごい・・・、あれは買ったのか?
これは準備したのか?それはどうするのか?など、ものすごくいろいろと口出ししてくる。

妊娠線予防のクリームは買ったのか?と言うので、高いのでボディクリームを塗っている、
乾燥を予防すればよいのでボディクリームで十分だ。
と私が答えると、今度は旦那へ電話。
melokoton妊娠線予防クリーム使ってないの?アメリカ製のいいのがあるのに?遅れてる
と言いたいのか、韓国の方が最先端だと言いたいのか、この調子で搾乳機は用意しなきゃ
など次から次へと言ってくるのでウンザリ・・・、電話の後、イライラして旦那へ八つ当たり。

そんなもの昔はなかったし、ただの営利目的商品なんだから別に使わなくたってどうだって
構わない!もうだったら日本製の妊娠線予防クリーム買うわ!と約8000円の痛い出費に・・・。

お腹の子供は韓国では生まれてきたくなくて、日本でやっと授かった子供なんだ!
ほっといて欲しい!
と言うと、旦那もそれにイラっとしたのだろう、言い合いに・・・。

旦那は、平均寿命が昔に比べて延びている、こういった進歩によって寿命が延びたんだ。
昔はなかったから大丈夫と言うのは間違ってる!
と、なぜか寿命を引き合いにしてきた。

いや、寿命が伸びたのは医療の発達のおかげだろう、祖母の時代に哺乳瓶の消毒をしなく
たって、妊娠線予防クリームを塗らなくたって、全く関係なく長生きしてるじゃないか?!

と言うと、旦那は言い返せずに黙り込んでしまい、それから翌々日まで無視された・・・。

illust029.jpgにほんブログ村 マタニティーブログへ
関連記事

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-706.html

2013/11/11 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

夫婦揃って失業、なんとか食繋ぐ

   ↑  2013/11/05 (火)  カテゴリー: 日 本 生 活
単純な身体の私は、妊娠したということがわかると、ますます体調が悪くなり、
すぐにツワリが始まり、会社をずっと休むことに・・・、辞めたい会社だったので、
これを口実に退職したい旨伝えると、さすが社員を使い捨てする企業(苦笑)、
すぐに退職を承諾してもらえて、妊娠発覚後、一度も出勤せずに辞められた。


ちょうど同じ時期、旦那は職業病で肘の腱鞘炎になってしまい、毎日辛い日々。
そんな中、1ヶ月前に応募していた外資系ホテルから、面接のオファーがきた!

旦那がアメリカでインターンシップをした時にお世話になった某外資系ホテルで
これからリノベーション後に開業するための、新規スタッフを大量募集していた。

オンニ(旦那の実姉)も、韓国にある同じ外資系ホテルで働いており、その影響も
あったのか、うまいこと話が進み、なんと採用決定!10月から研修が始まった。
旦那は痛めた肘を理由に、前の過酷な職場を退社することにし、全て万々歳だ!

これから家族が増えるって言うのに、夫婦揃って急に無職になってまった(苦笑)。

ちょうど旦那が新しく働くことになった会社は、お給料が前払い制だったので、
なんとか給料が途切れることなく食繋ぐことができたのでよかった。^^;


今度の会社は、扶養手当として毎月妻へ1万円、子供一人へ5000円支給される。
さらに契約社員にも関わらず、ボーナスが年2回支給されるという好条件なのだ。

さすが大手企業、給料の条件はいいのだが、やはり労働は過酷・・・通勤時間が
1時間30分かかるせいもあるが、旦那は朝6時に家を出て22時に帰宅する生活。

研修も厳しいそうで、毎日ダメ出しされてサービス残業をさせられているそう・・・。
クビになるかも・・・と、びくびくしながら出勤、相当ストレスが溜まってるだろう。

私も大手企業で同じ経験をしたが、最近の企業はみんなこうなのだろうか・・・?
それとも大手企業というのは好条件なだけで、実態はこんなものなんだろうか?

どうか旦那がクビにならず、大黒柱としてこのまま勤められるといいのだが・・・。
関連記事

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-703.html

2013/11/05 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

不妊の原因は韓国生活だった?!

   ↑  2013/11/01 (金)  カテゴリー: 妊 娠 生 活
自然に排卵しない多嚢胞性卵巣症候群と診断されて自然妊娠は完全は諦めていたが、
日本に移住後、収入も安定していなかったし忙しくて不妊治療をしていなかった。

旦那も就職したので、そろそろ不妊治療を再開しようと、基礎体温を再度つけ始めた。
通院して、排卵誘発剤とタイミング法を試みようとしていた矢先、奇跡が起こった!!

自然妊娠!!!yaruo_aoriwarai.gif

せっせと妊活に励んでいた訳でもなく(笑)、全くタイミングも計った訳でもなく、
排卵していないはずの私が自然に妊娠することなんて絶対にないと思っていた。

生理が遅れてたが、そんなことは今までに何度もあり、これまで経験した想像妊娠
と同様に胸が張って、熱っぽくて高温期が続き、ダルくて眠いという症状だった。

そういう時は、妊娠してるかもしれないので、むやみに風邪薬を飲まずに妊娠検査薬を
使って妊娠してないことを確認後、薬を飲むようにしていたので今回も検査してみた。

だいたい不思議なもんで、検査薬で妊娠していないことが確認できると、すぐに熱っぽさが
なくなり生理が来るというパターンを何度も経験してきたので、今回も期待していなかった。

ところが、なんとなく陽性の薄い線が見えたのだ!しばらく放心状態で夢かと思うくらい(笑)。
帰ってきた旦那にすぐに報告、とっても嬉しそうな旦那の顔を見たら、急に涙がこぼれた・・・。

翌日、病院で胎嚢・胎芽を確認でき妊娠間違いなし!この時点で妊娠6週目だった。

20131029.jpg


多嚢胞性卵巣症候群は原因不明の病気で、ストレスが大きく関わっているという。

ちょうど職場環境のストレスが緩和し、旦那が就職し、新居へ引越しが決まった時期だった。
ストレスがなければ、排卵誘発剤に頼らなくても自然に排卵する、私の体は本当に正直だ。

韓国でいくら頑張っても妊娠できなかったのは、韓国生活のストレスが原因だったと確信!

不妊生活は精神的に辛かったが、でも、そのおかげで日本に移住できたのだし、
お腹の子も韓国では産まれたくなかったのだろう(笑)と、妙に納得してしまった。

illust029.jpgにほんブログ村 マタニティーブログへ
関連記事

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-702.html

2013/11/01 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。