日本人ミョヌリ日記韓国生活スタートした 2009年5月~日本移住後の 2014年3月までの 日本人ミョヌリ日記 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

韓国語学校選び

   ↑  2010/03/02 (火)  カテゴリー: 学 校 生 活
P1250033.jpg
↑カナタ韓国語学院の概観

夏学期(10週)・秋学期(10週)と、慶熙大学の語学堂に通っていた。

冬学期も継続して通うつもりだったが、1月、日本に1ヶ月間、帰国したため、
冬学期は休むことにした。

次の春休みは、4月からなので、2月・3月は、カナタ語学院に通うことに。
語学院は塾のような感じで、週4回、1日3時間のみの授業。

大学の語学堂は、週5日、1日4時間の授業だったので、それに比べてかなり楽だ。

大学は、文法、リスニング、ライティング、スピーキングと、バランスのいい授業だった。
宿題もたくさんあるし、予習・復習をしていかないと、次の授業についていけなかった。

P1250036.jpg

学院の場合、文法中心の授業で、韓国語が話せるようになるには、程遠い。

1日3時間の中で、毎日1課ずつ進み、1時間は単語と、スキットの読みの練習、2時間で、3つくらいの新しい文法を学ぶ。

カナタ学院の教科書は、新しい単語、文法の説明が日本語で書いてある。

わかりやすい反面、全然、勉強しなくても、授業についていけるし、十分な練習の時間がないので、しっかり自主学習をしないと、実力にならない感じだ。

P1250037.jpg
↑カナタ韓国語学院の教室内

スピーキングを伸ばしたい私には、合わなかったということを、それを友達に話すと、西江大学がスピーキング中心の授業を行っていると言う。

授業の申請は1ヶ月前までということだったが、授業開始の1週間前でも、申請してみたら申請可能だった。 さすが韓国、言ってみるもんだっ

クラス分けテストは、面接のみで、さすがスピーキング重視の大学という感じだ。

簡単な韓国語の基礎は、慶熙大学で、しっかり叩き込まれたので、次はスピーキングが伸びるといいなぁ・・・。

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-223.html

2010/03/02 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 韓国でインド体験
この前の記事 : ヨナ VS マオ

Comment

Trackback

この次の記事 : 韓国でインド体験
この前の記事 : ヨナ VS マオ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。