日本人ミョヌリ日記韓国生活スタートした 2009年5月~日本移住後の 2014年3月までの 日本人ミョヌリ日記 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

韓国語の会話力が伸びる学校

   ↑  2010/05/16 (日)  カテゴリー: 学 校 生 活
語学学校の期末テスト終了〜。

前の学校では、若い20代前後の留学生が多く、カンニングする子もいた。
特に、中国人やモンゴル人の学生が目に付いたが、国民性・・・??

学校側も、問題用紙をAとBの2種類に分けて、隣同士の席の人には、
別々の問題用紙を配るくらいだ。

P1260022.jpg

今通っている西江大学は、生徒を信頼しているのか、生徒の質がいいのか
テストを受ける時に、授業通り、グループになって仲良く机を囲んで座る。

それには、ビックリしたが、、西江大学の語学堂は、スピーキング中心なので、
筆記のテストは大して関係ないということなのだろうか・・・?

スピーキングの点数が悪いと、筆記テストがよくても、進級できないそう。
なので、みんな緊張だ。

P1260019.jpg

スピーキングテストの内容は、録音される程の徹底振り。
テストの時の先生は、担任の先生ではなく、全く面識の先生と話すことになる。

担任の先生だと、点数のつけ方に先入観があったり、話し方のクセなどが、
あるだろうからということらしい。

クラスに台湾人で、韓国人と結婚して、旦那の家族と同居している友達がいる。

韓国人に囲まれて生活しているので、ある程度、話せるレベルだっていうのに、
その子だけ、スピーキングの点数が悪かったと、落とされた。

P1260026.jpg

その日だけのスピーキングテストの結果だけで、実力は測れないものだと思う。
面接した先生によっても、左右されてしまうし、納得できず不公平な気がする。

ラッキーなことに、私の面接してくれた先生は、すごく親切で、笑いながら、
気軽に話ができたおかげで、テストの点数がよく、進級することができた。

筆記テストが高得点でも、上級クラスでも、韓国語を上手に話せない人が多いが、
西江大学が、スピーキングがよいというわけは、ここにあるのだろう。

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-226.html

2010/05/16 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。