日本人ミョヌリ日記韓国生活スタートした 2009年5月~日本移住後の 2014年3月までの 日本人ミョヌリ日記 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

消えたタージ・マハル

   ↑  2010/01/20 (水)  カテゴリー: 海外旅写真
P1230458.jpg

インドといえば、タージ・マハル。
タージ・マハルの観光は、旅のハイライトとして、楽しみにしていた。

ところが、濃霧に飲まれて、タージ・マハル霊廟が、完全に消えてしまっている・・・。
下の写真のように、上の写真中央には、タージ・マハル霊廟が見えるはずなのに!

P1230467.jpg

大理石の白さが、霧の白さに、まるっきり溶け込んでしまって、あんなに大きな建物にも関わらず、全く見えない。
悲し〜い!!

どうやら、冬の午前中は、濃霧のため、タージ・マハルが姿を現さないらしい。
全然、知らなかった・・・。

P1230449.jpg

近くまできて、やっと少し、見える程度。
これはこれで、白いもやに包まれていて、幻想的で、素敵だということにしておこう。

ちょうど、3日目、オーランガバード郊外にある、ビービー・カ・マクバラーという、タージ・マハルをモデルにして建てられた霊廟を見てきた。

タージ・マハルを建てた、ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンの息子が、タージ・マハルを真似て、奥さんのために建てたそう。

P1220158.jpg
ビービー・カ・マクバラー


しかし、お金がなくて、タージ・マハルよりも小さく、総大理石のタージ・マハルとは違い、ほとんどが石膏でできている。

お金がなくても、奥さんのために、小さい、石膏のタージ・マハルを建てたなんて、けなげな愛に感心する。

ちょうど、本物のタージ・マハルが見れなかった私達には、青い空の下で、ビービー・カ・マクバラーを見ることができて、よかった。


P1220179.jpg

P1220166.jpg

P1220175.jpg

P1220173.jpg


インドふたり旅 2010/01/14~01/23

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-30.html

2010/01/20 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 押し売り撃退方法
この前の記事 : カーストに縛られた社会

Comment

Trackback

この次の記事 : 押し売り撃退方法
この前の記事 : カーストに縛られた社会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。