日本人ミョヌリ日記韓国生活スタートした 2009年5月~日本移住後の 2014年3月までの 日本人ミョヌリ日記 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

日韓の壁を越えた命掛けの愛

   ↑  2012/03/04 (日)  カテゴリー: 映画・テレビ

うちの旦那は歴史TV番組が大好きで、特に韓国の歴史~近代史も大好きだ。
いろいろ知識がたくさんある分、日本人の妻としては気分がいいものではない。

だいたい、韓国のテレビ番組なんて、捏造・誇張・事実を歪めて、脳を刺激して
洗脳するかのように、一方的にメディアが情報の操作をしているかもしれない。

なので、歴史番組や領土問題に関するテレビ番組は、私の目の前で見ないでくれ
と言ってるが、先日、また旦那が歴史番組のようなものを見ていたので注意!

そしたら、違うよ~これ見てごらん!日本人女性だけど、韓国人の独立運動化の
男性に恋に落ちた話なんだって。
と言って、私も途中から一緒に見ることに。

番組は『ザ!世界仰天ニュース』みたいに、過去の実話を再現VTRで紹介する形。

愛たのめ、日本人にも関わらず韓国側の立場を貫き、法廷に立つ時も韓服を
着てたという程で、最後は一人、刑務所で自殺して亡くなってしまったそう・・・。

愛のためだけでなく、複雑な家庭環境や、社会への反発などからの行動だった
ようだけれども、ものすごい信念、これこそ日韓の壁を越えた愛なのだろうか。

旦那に、melokotonも僕のために同じようにできる?と聞かれたが、えぇ・・・
旦那のために日本を裏切るのも嫌だし、ましてや韓国のために・・・??

心の中で思いながら、最後に女の人は死んじゃうんだよ。
それでもいいの?
と、話をすり替えてごまかした・・・。

この時代から既に、日本人女性が韓国人男性と結婚する人がいたなんて。
なんで日本人女性は韓国人男性にひかっかってしまうのか不思議だ・・・。



【2ch】朝鮮人、パク・ヨルと日本人、金子文子の痛ましい愛の物語~MBC放送

パク・ヨルは黒濤会を結成して自分の恋人、金子の国、日本に対抗した独立活動家であった。金子はパク・ヨルの独立運動を助けた。これにパク・ヨルは祖国に反するものとして反対したが、金子の意志を折れなかった。ただ愛一つで自身の祖国に対抗することにした金子であった。二人は共に抗日運動をして1923年また他の抗日秘密結社、不逞社を組織した。

そのような1923年9月、パク・ヨルと金子文子は日本警察に逮捕された。当時、関東大震災で日本政府は民心を捉えるため朝鮮人に対する敵がい心を起こしてスケープゴートにした。このようなデマのために6千人を越える朝鮮人が死んでいった関東大震災大虐殺事件だった。

世界のあちこちで激烈な抗議が起き、日本政府が探しだしたもう一つのスケープゴートがすなわちパク・ヨルと金子であった。抗日団体組織だった二人を注意深く観察した日本警察がパク・ヨルと金子を捕らえた。警察はパク・ヨルが爆弾を購入しようとした事実を通じてパク・ヨルが日王を暗殺しようとしたという汚名をきせた。

だが、パク・ヨルはかえって堂々と取り調べに応じ、日王暗殺未遂犯にされたパク・ヨルについて金子も共に計画したと述べた。パク・ヨルと金子は日王暗殺容疑で裁判に回付され、パク・ヨルは朝鮮の礼服を着て裁判ではずっと朝鮮語を使った。それだけでなく、日本人の金子が白いシルクのチョゴリに韓服スカートを着て登場しパク・ヨルと朝鮮民族の闘争を一緒にする意志を表明した。

1926年2月26日、二人は死刑宣告を受けて市ヶ谷刑務所に収監され無期懲役減刑を拒否した。パク・ヨルと金子は互いに違う刑務所に移監され、移監後3カ月にならないうちに金子の死亡消息を聞いたパクヨルは嗚咽した。刑務所は金子の死因を自殺と発表したが、死体検案所には自殺道具が見つからなかった。刑務所は最後まで口を閉じ、金子の死因は最後まで秘密として残った。




"読んだよっ"と、足跡代わりにクリックお願いします。  
皆様のクリックを励みに韓国生活頑張ってます!^^
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ


アフィリエイト・SEO対策

ブロガー必見!Σ(゚Д゚;) バナー広告で簡単収入!参加無料!最大50%還元!!

FC2スレッドテーマ : 国際結婚 (ジャンル : 結婚・家庭生活

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-576.html

2012/03/04 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。