日本人ミョヌリ日記韓国生活スタートした 2009年5月~日本移住後の 2014年3月までの 日本人ミョヌリ日記 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

妊娠中に見たいマタニティシネマ

   ↑  2014/02/15 (土)  カテゴリー: 妊 娠 生 活
女性だけが体験できる神秘的な妊娠、実感が沸かないという旦那に少しでも
妊婦のことをわかってもらいたくて、妊娠をテーマにした映画を借りてきた。

映画オタクの私とは反対に、旦那は映画にもあまり興味を持ってもらえず、
シュワちゃんが妊娠する映画「ジュニア」を見せるも、寝てしまった旦那。

また別の日に、父親の実感が沸かない男性にお勧めの映画という「9ヶ月
を見せたがこれまた失敗、仕事で疲れてるせいもあるが、すぐにまた爆睡。

結局、旦那と映画を見るのはあきらめて、一人でマタニティシネマを鑑賞。

81hycRZDaLL__AA1500_-tile.jpg

40歳からの家族ケーカク

→ 妊娠がメインでなくアラフォー夫婦の生活がメインで、題名に騙された。

ヘザー・グラハムのベイビー in the CITY
無ケーカクの命中男 ノックトアップ
→ 2つとも主人公が予定外に妊娠してまうドタバタコメディ。
  望んでいない妊娠という主人公に共感できなかったが、出産シーンは
  妊娠してから涙腺が弱くなったせいか、感動して涙してしまった。

アラフォー女子のベイビー・プラン
カレには言えない私のケイカク
→ この2つは、未婚女性が精子提供者からの人工受精で妊娠する話。
  子供が欲しい気持ちはよくわかるが、皮膚の色から、目の色、髪の色
  や学歴等を選んで、人工授精して出産・・・なんだか考えさせられる。

個人的によかった映画は「理想の出産」というフランス映画。
さすがフランス映画、淡々と出産から育児までの女性の葛藤を描いてる。
これは本当に妊婦が見たら共感できる映画だった。

もう1つよかったのは、「恋愛だけじゃダメかしら?」5組のカップルの
5種類の形の妊娠に関するストーリー、不妊で妊活していたカップルが
あきらめた途端に妊娠して大喜びする姿は、自分と重ねてしまい感動。

また、養子をもらうことにした不妊女性が、妊娠できない自分を責め、
妊婦を見る時のせつない目付きなど、これにも共感、胸が痛くなった。

それでもコメディなので、笑顔で見終えることができカタルシス100%
妊娠中に見て間違いなし、妊婦さんへオススメのマタニティ映画だ。

illust029.jpgにほんブログ村 マタニティーブログへ

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-723.html

2014/02/15 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。