日本人ミョヌリ日記韓国生活スタートした 2009年5月~日本移住後の 2014年3月までの 日本人ミョヌリ日記 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【裸×鎖×炎】アブノーマルな世界

   ↑  2012/07/31 (火)  カテゴリー: 海外旅写真
スリランカ仏教の聖地で、シンハラ王朝最後の都だった「キャンディ」。

キャンディ湖畔に仏の歯が奉納されている仏歯寺があり、毎年7月~8月の
約2週間、仏の歯を象に乗せて市内を練り歩くペラヘラ祭りが行われる。

スリランカ各地で行われるペラヘラ祭りだが、ここキャンディのお祭りが
スリランカ最大の祭りで、最終日の今日が最大規模で、一番豪華だそう。


祭りの行列が通るメインストリート。
クリックで写真拡大

夜店で売ってるようなおもちゃや、スナックなど軽食を売りにくる。
クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 

少しお高いツアーだとホテルのバルコニーから鑑賞することもできる。
私たちの貧乏ツアーは(笑)、歩道に椅子が並べられた場所からの鑑賞。

クリックで写真拡大

一緒のツアーだった年配の女性は、前回はバルコニーから見たそうだが、
もっと近くで見たいということで、今回この安いツアーに参加したそう。

クリックで写真拡大 クリックで写真拡大

消防車やたいまつを乗せたトラックなどが通り、給水車で道路に水がまかれ
いよいよ準備完了という感じ、道路から人がいなくなり、祭り開始を待つ。

クリックで写真拡大

とにかく人がいっぱいで、椅子もぎゅうぎゅう詰めだったので、途中から
母の後ろに座っていた若い欧米人は、母の椅子の背もたれに肘をつき、
母の前の歩道に座っている現地人は、母の足を背もたれ代わりにしたり。

身動きとるのが本当に大変な状況で夕飯はデリバリーピザ、韓国と同様に
どこにでもデリバリー可能で、この人混みの中ちゃんんと届けてくれた。

クリックで写真拡大

今回2度目のペラヘラ祭りを見に来た年配の女性は「服着てる!前回は
服なんか着てなかったのに!裸に鎖みたいなの付けて、炎を操る姿が
いいのに!これじゃ全然ダメだわ~!」と力説、そういう視点か(笑)?

クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 

うぅ~ん、私は裸×鎖×炎には萌えないなぁ(笑)、それなら裸×覆面×炎の
たいまつ係の男性の方が萌えるかも・・・て、私も負けずにマニアック(笑)?

クリックで写真拡大

クリックで写真拡大 クリックで写真拡大

しばらくすると キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! 裸に鎖!
2回目のペラヘラ祭り鑑賞の女性も、とてもご満悦の様子だった(笑)。

クリックで写真拡大

クリックで写真拡大 クリックで写真拡大

決して男性の裸目当て見に来た訳ではない(笑)。パレードは楽器を演奏
する音楽隊、舞踊部隊、皿回などのパフォーマンス部隊などさまざまだ。

クリックで写真拡大

中でも、繋がった細い竹のようなものを持って、ものすごい勢いで円を
描いて走るパフォーマンスは、竹のしなる音と迫力が素晴らしかった。

クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 

象も音楽に合わせて、3頭 同時に左右に揺れたりしながら演技している。
クリックで写真拡大

クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 

お祭りのクライマックス、背中に仏歯を乗せたきらびやかな象の行進。
クリックで写真拡大

異文化と融合した海外のお祭は、本当に貴重な経験、とってもよかった。
パレードは3~4時間続き、最後はトイレに行きたくて必死だった(笑)。

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-742.html

2012/07/31 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。