日本人ミョヌリ日記韓国生活スタートした 2009年5月~日本移住後の 2014年3月までの 日本人ミョヌリ日記 

このページの記事目次 (カテゴリー: 結婚・手続き

← 前のページ  total 4 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

〓 韓国へ拉致?結婚移民?紙一重 〓

   ↑  2012/04/29 (日)  カテゴリー: 結婚・手続き

韓国人と結婚した日本人の私は、1年に1度、配偶者ビザの延長手続きが必要。
もうすぐ韓国に移住してきて丸3年、今回で2回目のビザの延長手続きとなる。

住んでる場所によって、申請しに行く場所が異なるのだが、前回手続きを行った
時は引越し前だったので、今回初めて木洞の出入国管理事務所に行ってきた。

常に私が日本に帰りたがっていて、韓国滞在ビザが切れてもどうでもいいという
態度だったせいか(笑)、旦那が会社を休んで、わざわざ付き添って来てくれた。

今回は全て旦那任せだったので、私が把握しておらず、確実な情報ではないが、
必要となった書類は、パスポート・申請書・住民登録票・婚姻関係証明書・写真。

申請料は3万ウォンで、別途に、外国人登録証の郵送費が3千ウォンかかった。
(2012年4月現在)

出入国管理事務所には、証明写真(スピード写真)の機械が設置してあるので、
6千ウォンでその場ですぐに撮れるので、用意していなかくても大丈夫だった。

2011年12月15日より、配偶者ビザ・居住ビザ(F-2)が、結婚移民ビザ(F-6)に
変わり、外国人登録証の形式も改定され、新たに発行されることになったよう。

結婚移民ビザになって、何が変わったかというと、離婚したり配偶者が失踪・死亡
しても、結婚移民ビザの場合は取り消されることなく、そのまま韓国住めるそう。

従って、永住権の申請をしなくても、結婚移民ビザを延長すれば永住権の必要性
があまりなくなったそうだが、旦那も、melokotonは僕が死んだら即行で日本
に帰るでしょ?別に、結婚移民ビザに変わった意味がないね。
と言っていた(笑)。

ただ永住権の場合は、60歳以上になった親など扶養家族を呼び寄せられること
が、結婚移民ビザと永住権との大きな違いなようだが、私には必要なさそう。

ビザの延長手続きは面倒臭いが、韓国に居住してから3年が経ったということで、
1年に1回必要だった手続きが、2年に1回で済むようになったのでよかった。

以前とは異なり、念入りに両手の全ての指紋を登録するようになったが、手続き
自体はあっという間、2週間程で家に外国人登録証が送られてくるとのこと。

ちなみに、結婚移民ビザを保持しながら永住権の申請可能で3ヶ月程かかるそう。
手続き中に日本帰国可能だが、帰国中は申請が停止するため時間がかからしい。

私は、オーストラリアに住む韓国人と結婚したつもりが、韓国へ拉致されただけ
なのに(苦笑)結婚移民って・・・全く韓国に移民したくないのに嫌な響きだ・・・。


ソウル出入国管理事務所



"読んだよっ"と、足跡代わりにクリックお願いします。  
皆様のクリックを励みに韓国生活頑張ってます!^^
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ


アフィリエイト・SEO対策

ブロガー必見!Σ(゚Д゚;) バナー広告で簡単収入!参加無料!最大50%還元!!




FC2スレッドテーマ : 国際結婚 (ジャンル : 結婚・家庭生活

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-616.html

2012/04/29 | Comment (6) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

韓国人と結婚したエイリアンの手続き

   ↑  2010/04/25 (日)  カテゴリー: 結婚・手続き
韓国に移住してから、早いもので、もうすぐ1年。
国籍は変えてないので、いくら韓国人と結婚したとはいえ外国人。

1年単位で、配偶者ビザと、外国人登録の延長手続きが必要だ。

「外国人」は英語で、「エイリアン」だけど、「エイリアン」って、「宇宙人」っ感じ。
なので、私ってエイリアンなんだ〜って、笑ってしまう。



P1250664.jpg

地下鉄3号線 安国駅6番出口を出たところにある、出入国管理事務所へ。
申請者が多いため、待ち時間がないように、予約をとることができる。

旦那に、予約をとってもらって、申請書の書き方も教えてもらって練習済み。
自信満々で、受付に申請をしにいったら、書類不足で追い返された・・・。

P1250663.jpg

P1250654.jpg

なので、安国駅に戻り、2番出口から、少し歩いたところにある、嘉会洞(カフェドン)
住民センターへ、書類を発行してもらいに行って来た。

家族関係証明書と、配偶者の住民登録謄本は、ここで発行してもらえた。 
来年は、先にここに来て、書類を持っていくのを忘れないようにしないと・・・。

P1250662.jpg

手続きの流れは、まず、手数料の収入印紙2万ウォンを購入、申請書を記入。

記入した申請書・パスポート・外国人登録証・家族関係証明証・住民登録謄本
を受付に提出して、5分くらいで無事に終了。   

配偶者ビザの、再入国許可の手数料は、今年の2月から免除になり無料。
旦那に申請してもらったが、インターネットで簡単に手続きができるそうだ。
(2010年4月現在)

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-472.html

2010/04/25 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ドロドロ結婚式裏話

   ↑  2010/03/24 (水)  カテゴリー: 結婚・手続き
旦那の両親は、離婚していて、それぞれ再婚しているので、息子の結婚式は、反対できなかったのだろうと思うが、入籍する時、学生結婚にも関わらず、全く反対されなかった。

しかし、結婚式をするのに、ひと波乱があった。
というのは、旦那の離婚した両親が、どうやって結婚式に参加するかという問題。

旦那の父親と継母は、妻子持ち同士の、不倫の末の再婚。
実母は、継母を憎んでいて、息子の結婚式に、継母が参加するのが許せないと言う。

実母が再婚するまで、小学1年生から、大学生まで、実母が一人で、息子と娘を育てた。
実母の再婚後、旦那はほとんど海外で生活し、帰国する時は、父方の家に住んでいた。

結婚式では、今までお世話になりましたと、両親の前で土下座をする儀式があるので、
実母は、そこに継母が座るのが許せないと言う。

もし、結婚式に継母を参加させるなら、結婚式当日に、邪魔しに行ってやる〜!!
と、泣き叫んだという、旦那の実のお母さん。

確かに、実母の気持ちを考えたら、かわいそうだ・・・。

なので、結婚式当日は、実の両親が座るようにしてくれないかと、父親の方に話すと、
そういう形なら、絶対に結婚式に参加しない。そして、二度と家に帰ってくるな!

そんな風に言われたという旦那を見て、大号泣だった私・・・。

その後、旦那の父親と、継母ともケンカしたようで、父親が家を飛び出していってしまったりして、大変だったみたい・・・。

しばらくして、どういう風に話がまとまったのか、詳しくは知らないが、実母が、
結婚式を継母に出席させることと引き換えに、息子へ新居を買うように。
と交渉したらしく、それで話がまとまったらしい。

実のお母さんは、かわいそうだったが、結婚式は無事に終わったし、新居は実父に買ってもらえたし、うまいこと納まって、本当によかった。

さすが韓国人、ドラマのような、ドロドロ人間模様を、リアルに体験してしまった・・・。

20070119.jpg

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-471.html

2010/03/24 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

結婚式ズッコケ秘話

   ↑  2010/03/22 (月)  カテゴリー: 結婚・手続き
私が、韓国で結婚式を挙げる時、全く韓国語が話せなかった。
それにも関わらず、通訳なし、打ち合わせなし、ぶっつけ本番。

結婚式の流れもわからないまま、いきなり始まった。
よく言えば天然ボケ、悪く言えばバカな私には、無謀な結婚式だ。

058.jpg

韓国では、誓いの言葉を、神父や牧師さんではなく、仲人が読上げる。
もちろん全て韓国語なので、全くわからなかった私。

ぼ〜と立って居ると、いきなり旦那が、ものすごく大きな声で『はいっ!!』と言った。
どうやら、誓いの言葉に同意したらしい。

次は、私が返事する番なんだろうけど、何を言ってるかわからないもんだから、どこで
返事をしたらいいのかわからない。。。

すると、旦那が私に、こそこそっと、『返事するんだよ。』と、言うので
旦那がしたのと同じように、バカでかい大きな声で、『はいっ!!!!』と言った。

新婦は、声を張り上げないでよかったらしく、私が返事した瞬間、会場が笑いの渦に。
今でも忘れられない、恥ずかしい瞬間だ。

070.jpg

そして、新郎新婦が、お世話になった両親へ、それぞれ挨拶する場面がある。
私の親へ挨拶する時に、私は、土下座する旦那に驚いて、感心して、突っ立っていた。

本当はここで、新婦である私も、一緒にお辞儀しないといけなかったらしい。。。

全く気がつかなかったが、あとから結婚式のDVDを見ると、式場のスタッフが一生懸命、
私へ、お辞儀をするようにジェスチャーを送っているので、笑ってしまった・・・。

093.jpg

さらに、恥ずかしかったのは、最後の写真撮影のシーン。
結婚式の行程が、ひととおり終わると、家族と、友達とそれぞれ、集合写真を撮る。

その、友達との写真撮影の時に、カメラマンが、新郎新婦にポッポ(キス)をするように
と、言ったらしく、旦那に言われて、みんなの前でポッポ。

おそらく、軽くすればよかったものの、私は、写真撮影ようにと、スローモーションで
長めにポッポをしていると、『もう、いいからっ』と、カメラマンや友達に笑われた。

想像していた、神聖で感動的な結婚式とは、程遠く、笑える思い出になってしまった。
その方が、私らしい結婚式っていう感じだろうか・・・。

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-469.html

2010/03/22 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

私の韓国での結婚式

   ↑  2010/03/21 (日)  カテゴリー: 結婚・手続き
韓国の結婚式は安く、写真撮影や、衣装のレンタルなどが含まれた、基本的なパッケージだと、結婚式場によって異なるが、だいたい20万円くらい。

それに加えて、食事代1人約3000円×招待した人数分の金額になる。
なので、ご祝儀をもらえば、式代がまかなえるし、むしろ、プラスになるそうだ。

招待客のほとんどは、旦那側の人達。むしろ私達は、日本から家族と友達を呼んだりするので、私の方がお金がかかるということで、旦那側が、結婚式費用を全て払った。



韓国では普通、ウェディングドレスを着た結婚式が終わった後、ペペク(伝統結婚式)を行うのが、そのペペクを行う時に、お膳の上にのせる伝統菓子は、新婦側が用意するそう。

ペペクの菓子は、新婦側が用意するのに、なんで、うちが払うんだ。
と、旦那の継母(実父の再婚相手)に、小言を言われたが、

韓国のしきたり通りやるなら、新郎側から、婚約指輪、ネックレスとピアスのセットになったアクセサリーをあげてないじゃないか。』と言い返していた旦那。

普通、新郎から新婦へアクセサリーのセットをプレゼントするのそうだが、学生結婚でお金のない私達は、婚約指輪も、アクセサリーのセットのプレゼントはしなかった。

一応、こちらからは、旦那の両親へ、ペア腕時計と、夫婦湯飲みをプレゼントした。

050.jpg

日本から、仲のいい友達だけ、4人招待した。
ホテルは何でもいいと言った友達からは、ご祝儀をもらって、私の方で安いホテルと航空券を用意した。

ホテルの口コミを見て、よさそうだったので、そのホテルを予約したが、トイレがスケルトンで、どうやらラブホだったみたい・・・。

どうせ泊まるなら、いいホテルに泊まりたいと言った友達は、ご祝儀をもらわずに、自分達で韓国まで来てもらう事にした。

053.jpg

あっと言う間に、式が終わると、あっと言う間に、ドレスを剥がされて、特に何も特別なことはなく、普通の日常に放り出される。

なので、式が終わってからは、日本から来てくれた友達と、ご飯食べて過ごした。

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-470.html

2010/03/21 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。