日本人ミョヌリ日記韓国生活スタートした 2009年5月~日本移住後の 2014年3月までの 日本人ミョヌリ日記 

このページの記事目次 (カテゴリー: 日 本 生 活

← 前のページ  total 5 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

夫婦揃って失業、なんとか食繋ぐ

   ↑  2013/11/05 (火)  カテゴリー: 日 本 生 活
単純な身体の私は、妊娠したということがわかると、ますます体調が悪くなり、
すぐにツワリが始まり、会社をずっと休むことに・・・、辞めたい会社だったので、
これを口実に退職したい旨伝えると、さすが社員を使い捨てする企業(苦笑)、
すぐに退職を承諾してもらえて、妊娠発覚後、一度も出勤せずに辞められた。


ちょうど同じ時期、旦那は職業病で肘の腱鞘炎になってしまい、毎日辛い日々。
そんな中、1ヶ月前に応募していた外資系ホテルから、面接のオファーがきた!

旦那がアメリカでインターンシップをした時にお世話になった某外資系ホテルで
これからリノベーション後に開業するための、新規スタッフを大量募集していた。

オンニ(旦那の実姉)も、韓国にある同じ外資系ホテルで働いており、その影響も
あったのか、うまいこと話が進み、なんと採用決定!10月から研修が始まった。
旦那は痛めた肘を理由に、前の過酷な職場を退社することにし、全て万々歳だ!

これから家族が増えるって言うのに、夫婦揃って急に無職になってまった(苦笑)。

ちょうど旦那が新しく働くことになった会社は、お給料が前払い制だったので、
なんとか給料が途切れることなく食繋ぐことができたのでよかった。^^;


今度の会社は、扶養手当として毎月妻へ1万円、子供一人へ5000円支給される。
さらに契約社員にも関わらず、ボーナスが年2回支給されるという好条件なのだ。

さすが大手企業、給料の条件はいいのだが、やはり労働は過酷・・・通勤時間が
1時間30分かかるせいもあるが、旦那は朝6時に家を出て22時に帰宅する生活。

研修も厳しいそうで、毎日ダメ出しされてサービス残業をさせられているそう・・・。
クビになるかも・・・と、びくびくしながら出勤、相当ストレスが溜まってるだろう。

私も大手企業で同じ経験をしたが、最近の企業はみんなこうなのだろうか・・・?
それとも大手企業というのは好条件なだけで、実態はこんなものなんだろうか?

どうか旦那がクビにならず、大黒柱としてこのまま勤められるといいのだが・・・。

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-703.html

2013/11/05 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ストレスで過敏性大腸炎、蕁麻疹

   ↑  2013/10/25 (金)  カテゴリー: 日 本 生 活
劣悪な職場環境で、せっかく日本に移住してもストレスから離れられなかった・・・。

職場はサポートセンターで、チームが3つに分かれており、私の配属されたチームは最悪だった。
うちのチームリーダーは親身に対応してくれず、質問しても社内システムのQAを見ろと言う。

こっちはQAを見てもわからないから質問しているので、QAの内容を教えて欲しいと言っても、
「このQAだけ見てもわからない」と超無責任、質問してもこの調子、リーダーの意味がない。

顧客がこういう質問しているので、どう対処するよう案内すればよいかと相談しても
「え?何を調べればいいの?」って、”お前の仕事は何なんだ?!”と、言いたくなる。

他のサポーター役の人もろくでもない人が多く、すぐにキレる男、間違えて教えてきたくせに
自分の間違いを認めずに責任をとらない男、全くもって新人を育てる体制がなっていない。

このチームに入ったことも不運だったが、このチームの席が最悪、意地の悪い課長の近く。
監視されることも多く、横から口を出されることもあり、一番前の席で所長席にも近い。
もしも何か失敗してしまったら大変なことになる・・・、頼る上司もおらずプレッシャーの毎日。

すると、物心ついてからず~っと便秘体質だった私が、過敏性大腸炎になってしまった。
あんなに便秘に悩まされていたのに、会社に着くとものすごい腹痛でトイレに駆け込むように。
8ヶ月間で体重がどんどん減って、一時は40kgを切りそうにもなった。

そして体の不調はこれだけでなく、ストレスで蕁麻疹発生。
てっきりストレスで持病のアトピーがひどくなったのだと思い、皮膚科でアレルギー薬を服用
してもらい、強力なステロイドの塗り薬を塗っても全くよくならず、顔から何から全身に発疹。

風邪で内科に行くと、医者に蕁麻疹じゃないかと言われて初めて、蕁麻疹だと確信した。

旦那の家族が日本に遊びに来るというタイミングで発疹が出たので、それが原因かと(笑)
思っていたがそうではなく、その後もよくならずに全身掻きむしった跡のカサブタだらけに・・・。

しかし先日、会社でチーム替えがあり、今度のチームリーダーは社内で一番面倒見がよい人に。
「お父さん」と慕われている人で、常に親身になって楽しく仕事ができる上司に変わったのだ。

席替えもあり、意地悪な課長の監視席からも離れたところ、なんと過敏性大腸炎が直った!
さらに、発疹も出なくなり、カサブタだらけの肌もどんどんきれいになっていくのでビックリ!

過敏性大腸炎、心因性蕁麻疹と・・・、本当にストレスの怖さを改めて実感させられた。

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-701.html

2013/10/25 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

『ふたつ良いこと無い』・・・

   ↑  2013/10/17 (木)  カテゴリー: 日 本 生 活
日本移住後、日本語学校へ通う旦那を養うため、大手家電メーカーのサポートセンターで働き始めた。

契約社員だが、大手企業で給料もよくボーナスも出る上、土日休みで17時の定時に終わるという好条件。
しかし、実は『徹底的な奴隷と監視で支配』『大量採用し使い捨てる』というブラック企業だった。

同時に入社したのは、私を含めて6人だったが、最初の1ヶ月で2人クビ、その辞めさせ方が酷かった。

人前で怒られるのは当たり前、ねちねち嫌味を言われ、常に監視されて粗探しされ、さらに怒られる。
そしてクビを通告され自己都合での退社を強いられ、全く何も仕事を与えられず1日中座ってるだけ。
その屈辱に耐えられず、結局、満期で退社ではなく自己都合退社ということになり辞めさせられた2人。

また先日、もう一人の同期は、一度、顧客情報の聴取を間違えたのがきっかけで目をつけられてから、
些細なことにまでケチつけ、さらなるミスを見つけ出して、最後はやっぱりクビにされてしまったのだ。

入社後、一番最初の課長との面談で、仕事はどうかと聞かれたので、「覚えることがたくさんあるし難しい。
まだわからないことがあるので頑張ります。
」と私が答えると、「いや、頑張らないでいいから。」と言う。
頑張られても困る。無理するんだったら辞めてもらった方がいい。」と、厳しい表情で言われて唖然・・・。

企業理念では、「社員は宝」と掲げときながら、社員を大事に育てて成長を見守る気はゼロ、使い捨てだ。

だいたい、評価制度にも問題がある。普通は、評価によって昇給させ、社員のやる気を引き出すものだ。
だが、この会社の評価制度は、やる気が出るどころか、どんどんやる気が失せ、げんなりするのだ・・・。

なぜかと言うと、採点方法が減点方式、毎月、重箱の隅をつつくような形で、何かしら文句を言われる。
その言葉に傷つくし、点数が悪ければ説教部屋に呼び出され、ここが悪いあそこが悪いと責められる。

サポートセンターなので、聞かれることが千差万別、顧客の環境や状況によって対処が毎回異なる。
研修では一般的な質問だけを教えてもらい、あとは実際に対応しながらということだったのだが、上司に
「ちゃんと聞いてるのか」「常識的に考えて」「ったく理解が遅い、顧客の方がよっぽどわかってる」等。

そんなことを毎日のように言われ、次は自分がクビにされるかもとビクビクしながら日々が辛い・・・。

お互い励ましあいながら、唯一仲良くしていた同期も先日クビになってしまい、毎日心が折れる思いだ。
大企業で好条件であっても、その代わりに職場環境は劣悪・・・。『ふたつ良いこと無い』正にその通りだ。

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-700.html

2013/10/17 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

日本人から言われた露骨な差別発言

   ↑  2013/09/25 (水)  カテゴリー: 日 本 生 活
無事に日本での就職が決まった旦那。全く人が足りていないようで、すぐに働くことになった。
元々人手不足にも関わらず、この間まで働いていた黒人従業員がバックレて急に辞めてしまったそう。

シフト勤務で、隔週週休二日とのことだったが、3連勤で休み4連勤で休みという風に
バランスよく振り分けていたらいいのに、6連勤・5連勤の連続。さらに毎日2時間ずつ残業。
当たり前のように残業を強いられ、残業をお願いするわけでもなく、
「ホテルの仕事は残業が付き物だから」という態度も気に入らない。

デルタ航空の乗務員がメインで使っているホテルだそうで、10分毎に大型バスに載せられた20kg程の
スーツケースをひたすら下ろして運ぶという作業を丸1日行うという過酷そのもの。

新人だからって、本当にメチャクチャこき使われてかわいそうな日々。
ある女性ベルスタッフは、「私は女だから荷物よろしくね」と言ったり、
中年男性スタッフは全く荷物を運ばないで、上司の前でだけ荷物を運ぶ始末。

その女性スタッフに「運んで」と頼まれて運ぶと、「勝手に自分の判断で運ぶな」とろくに働きもしない
中年の男性スタッフが口を出してきたり、持ち主不明の荷物があれば責任を押し付けてきたりするらしい。
こんな環境だったら、そりゃみんな続かずに辞めていくに決まっている。

そして一番最悪なのは、中年のバスの運転手から韓国人差別発言。
同じホテルの従業員ではないが、空港からの送迎バスの運転手なので、毎日顔を合わせる相手。
いい年したおっさんが子供のように、うちの旦那に「ビッグ ジャージだね」(ジャージ=男性器) とか、
「チョン!“チョン”って意味わかる?」と言い、人のことを「チョン」呼ばわりすると言うのでビックリ。

まさかこんな風に露骨に直接言ってくる奴がいるということに、日本人として恥ずかしい。
ネトウヨなどネット上、心の中で差別するのは勝手だが、直接嫌がらせしてくるなんて・・・。

韓国では国民全て反日感情を持っていても、こんな極端に直接言ってくる人はいなかった。
やっぱり韓国人が日本で生活する方が、受ける差別は大きいのだろうか・・・。(;_;)

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-699.html

2013/09/25 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ハローワーク偽りの求人票より好条件で

   ↑  2013/08/24 (土)  カテゴリー: 日 本 生 活
先日ハローワークの紹介の仕事の面接を受けたホテルから合格の連絡がきた。

しかし、募集していたポジションはフロントスタッフだったのに、ベルスタッフとして採用だそう。
さらに契約社員のはずが、アルバイトでの採用。
就労条件に希望があれば考慮するので考えて返事が欲しいとのこと。

こないだテレビでも、ハローワークの募集要項と異なる仕事が多く問題になっていると取り上げられていた。

NEWS WEB▽ハローワークに「偽りの求人票」

ハローワークの求人票を巡って、記載された労働条件と実際の賃金が違うなどとして 全国のハローワークに相次いで苦情が寄せられ、その件数は昨年度、少なくとも6600件余りに上っていることがNHKの取材で分かりました。
厚生労働省によりますと、背景には、人を集めるために求人票にうその内容を 載する会社があることや、雇用契約を結ぶ際、法律で義務づけられている労働条件の 説明を怠る会社が多いことなどがあるということです。日本労働弁護団の棗一郎弁護士は「国の機関であるハローワークの職業紹介制度の 根幹を揺るがしかねない事態で、国は直ちに対策を取るべきだ」と話しています。


ハローワーク側で、仕事の募集している会社の善悪まで管理していられないという。
頼みの綱として、信頼してハローワークに行ってるのに、これでは期待を裏切られる形だ。
採用してくれるなら仕方ない…という人の気持ちを逆手に取って、募集要項とは異なるなんて腹が立つ。

いくら日本人っぽいという私の旦那だが、さすが韓国人(笑)。
そんな黙って相手に都合のいい条件を飲み込み込まなかった(笑)。

まず、契約社員として採用を前提として、お給料も年収240万円は欲しい。
ベルスタッフから始まって、フロントスタッフに移動する可能性あるというならば働いてもいいと、
しっかりこちらの希望を伝えて交渉。

すると、予算オーバーだが働いてくれるならと、なんとこちらの条件が全て通った。
雇用主よりも労働者の勝利。
謙虚な姿勢よりも、自己主張したもん勝ちだと改めて実感した。

(記事編集) http://melokoton.blog.fc2.com/blog-entry-697.html

2013/08/24 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。